カイナハレ ハワイ不動産

カイナハレ ハワイ不動産 | Kaina Hale Hawaii Realty, Inc.

カイナハレ・ハワイわくわく不動産便りVol.166

皆様、平素より大変お世話になっております。カイナハレ・ハワイ不動産の三田です。

(ご挨拶)
いつの間にか、今年も残すところあとひと月となりました。新型コロナに振り回された年でした。6月、7月、8月頃にはほぼ誰もいないワイキキでしたが、今では米国本土からの観光客とみられる人たちがカラカウア通りを歩いている光景を見かけるようになりました。シェラトン・ワイキキホテルも宿泊客はごく少ないながら営業をしています。その隣接のロイヤル・ハワイアン・ホテルはまだ閉鎖中です。小売店も営業している店が多くなってきました。長らく休んでいたKCCのファーマーズマーケットも8ヵ月ぶりに11月21日から再開しました。ローカルの顧客が、野菜・果物を中心に買いにきていました。アラモアナ公園では閉鎖中に進めていたパーキングの補修工事が完了し、再開しました。またサンクスギビングデーの翌日のブラックフライデー(今年は11月27日)にたまたまアラモアナセンターに行く用事があって訪れましたが、駐車する場所を見つけてぐるぐる回っている車がたくさんおり、その車から降りてお店に行く家族であふれているような状況でした。今ではネットでもブラックフライデーの安売りがあるのですが、やはり買い物はお店でという方がたくさんおられることを実感しました。

今年の年末年始のフライトとしてJALが更なる臨時便の第2弾を発表しました。先の発表時の発着は羽田でしたが、今回は成田発着も含まれています。是非年末年始のハワイご来訪をご計画下さい。JAL関連のもう一つのニュースは、JAL傘下の格安航空会社(LCC)「ジップエア・トーキョー」が韓国・タイに続く3路線目となる成田ーホノルル線を12月19日に就航させることを発表しました。1月末まで16往復を計画しているとのことです。ビジネスクラスはフルフラットになるとのことです。今までハワイに来るLCCはほぼ全部が関西発着でしたが、これで関東地区在住の方々にも利用しやすいLCCができました。

ホノルル市は、来会計年度に巨額の赤字となる予測を明らかにしました。新型コロナの影響で固定資産税や燃料税などの歳入が減少していることが赤字の大きな原因としています。予算財務サービス局では来会計年度の支出が約26億ドルであるのに対し、歳入が22億ドル前後にとどまる見通しとのことです。現会計年度の運営予算は29億ドル。歳入が減少している一方で、市は来会期に1億4千万ドルから1億6千万ドルを高架鉄道の運営、管理、維持に費やさなければならないという事情があります。

度々話題になるその高架鉄道ですが、ホノルル高速輸送公社(HART)は、来年3月からイースト・カポレイとアロハ・スタジアムの区間で運行を開始する計画を進めています。この計画も半年ほど遅れる可能性が指摘されている状況です。来年1月には新市長が就任しますが、就任と同時に難題が山積されている状況になります。中でもこの鉄道計画は大きな問題で、終着駅アラモアナまでの完成が2025年と言われていたのですが、今では既に完成時期が早ければ2027年、遅ければ2033年になるもようと言われ始めています。鉄道総工費も大幅に増大しているので、8年遅れの2033年完成というのがより現実に近い見通しかもしれません。新型コロナの影響が収束しなければ乗客の人数制限もでてくるため収入にも影響が出てくることも指摘されています。

(ハワイの不動産の話)
ハワイでは恒常的にアフォーダブル(低所得者にも利用できる)な住宅が不足しており、州政府当局も対応に苦慮しています。例えばローンを組んで物件を購入した人も、毎月金利付きで返済するのもかなりの額になるし、賃貸物件を借りて住んでいる人も高い賃貸料を払わなければならないという状況です。新規に建設されて売り出されるコンドミニアムでも一定の率のユニットはアフォーダブル価格で売り出さなければならないという規定が存在します。今売り出されている新規コンドミニアムも同様にアフォーダブル価格部分がありますが、それでも普通の給与生活者には高値の花という価格がついています。

政府では、新たにアフォーダブル用の賃貸コンドミニアムを建設するプロジェクトには恩典を与えることもやっています。それによって、アフォーダブル価格の賃貸コンドミニアムの建設も増えてきました。そんな中で、カカアコの低所得者住宅タワーを州政府が3500万ドルで地元開発業者にに売却したとの発表がありました。州政府当局は、民間業者の方がより良いクオリティの開発をより迅速に行うことが可能という判断によるものということです。

もう一つ政府当局が継続的に対策をすすめているのがホームレス問題です。イヴィレイという地区で進んでいたホームレス用の住宅21戸が完成し、サンクスギビングデーに合わせて入居を可能にしたというニュースもありました。このプロジェクトはソーシャルサービス付きの恒久住宅として考案されたものとのことですが、2015年にカカアコの海浜公園にホームレスの大規模な集落が形成され、大きな社会問題に発展したことから始まった複数のホームレス対策プロジェクトの一つとのことです。

(当社の新規発売戸建て物件)
11月1日付けで当社からゲート・コミュニティ内のブラック・ポイントにあるオーシャンフロントのゴージャス戸建て物件がマーケットに出されました。おススメ戸建てに載せていますので、是非ご覧ください。ご購入ご希望の方はお知らせください。またお知り合いの方でこのような物件にご興味おありの方がいらっしゃれば、是非お勧めをお願い致します。
●4131 ブラックポイントプレイス
https://search.kainahale.com/Home/Special?mlsnumbers=202027922

★★★オンライン個別相談のお知らせ★★★
日々状況が変化する中、日本のお客様から様々なお問い合わせをいただいております。ご心配ごとなどのご相談も寄せられています。そこで私どもで何かお役に立てることを考え、Zoomを使用したオンライン『個別相談』を行うことにいたしましたのでご連絡させていただきます。個別相談の時間は、以下の通り日本の週末土曜日の午前中のお時間にセットさせていただきました。日本時間の毎週土曜日の午前、次回は11月21日(土)です。参加費は無料です。詳細はこちらをご覧ください。

カイナハレハワイ オンライン個別相談会のお知らせ
https://www.kainahale.com/seminar/

———————————————
カイナハレハワイ 厳選物件リスト

★おススメ戸建て物件
113 ルマハイ ストリート
価格: US$ 2,800,000.00 日本円:JP¥ 291,695,158
JALのマイル:60,000マイル
ポートロックの美しく維持された3BD/3.5BAリゾートスタイルの邸宅。
https://search.kainahale.com/Home/Special?mlsnumbers=202027744

★おススメコンドミニアム
ワイエア #2903
価格: US$ 1,980,000.00 日本円:JP¥ 206,270,147
JALのマイル:60,000マイル
人気のワイエアの2つのフルバスユニットを備えた美しい1つのベッドルーム。
https://search.kainahale.com/Home/Special?mlsnumbers=202025119

★おすすめバケーションレンタル
ハワイアンモナーク #1406
窓からは海、ワイキキ、アラワイ運河ハワイアンモナークの14階の角部屋です。
スタジオ(0BR/1BA) お家賃:$1,250/30泊〜
https://www.kainahale.com/property/hawaiian-monarch-1406/

★おすすめ長期賃貸
パークレーン #1500 即入居可
1ベッドルーム (1BR/1BA) お家賃:US$6,500+税金/月
風格のパークレーンでも一番広いワンベッドルームです。小部屋もございます。
https://www.kainahale.com/property/park-lane-1500/

アイランド・コロニー #2909
ラナイからはダイヤモンドヘッドとオーシャン、ひろびろStudio 308SQFT!
Studio (0BR/1BA) US$1,350+税金+電気代
https://www.kainahale.com/property/island-colony-2909/

———————————————

カイナハレ・ハワイはワイキキの中心、便利なDFSワイキキ ギャラリアタワー10階にございます。旅行の合間にお立ち寄りいただき、ハワイ不動産をご案内させていただくことができます。ハワイにお越しの方で、ハワイ不動産の内見にご興味のおありの方は、お気軽にご連絡ください。本情報について、あるいはいかなることでもご質問があればお問い合わせ下さい。今後、このメールの受信を希望しない方はお手数をおかけいたしますが以下をクリックし、お問い合わせフォームよりメールの配信停止を選択の上、送信をお願いいたします。

———————————————
Hideo Mita (R) 三田 英郎
President & Principal Broker
Kaina Hale Hawaii Realty, Inc.
2222 Kalakaua Avenue, Suite 1001, Honolulu, Hawaii 96815
Tel:(808) 397-5280 Fax:(808) 664-8700 Cell:(808) 286-2834
Email: hmita@kainahale.com
Website: https://www.kainahale.com
Blog: https://ameblo.jp/kainahale
Facebook: www.facebook.com/kainahale

0

カイナハレ・ハワイわくわく不動産便りVol.165

皆様、平素より大変お世話になっております。カイナハレ・ハワイ不動産の三田です。

(ご挨拶)
このところ、朝晩がやや涼しく感じられるようになiり、朝方にちょっと雨が降るという気候になってきました。そんな中、ずっと閉鎖されていたKCCのファーマーズ・マーケットが11月14日(土)に再開されました。日本からのビジターがおられないこともあり、食べ物のテントはほとんどなく、まだ普段のファーマーズ・マーケットには戻っていませんでした。ハワイのコロナですが、11月12日で新規97人、累計16,302人、死者222人になっています。10月中旬から始まったアメリカ本土からなど州外からの旅行者について追跡調査がされていますが、感染率が0.1%と渡航前の事前検査の有効性が高いという結果が出ています。ただ、この緩和措置が行われているものの、期待ほどの旅行者数の増加にはなっておらず、観光回復の勢いはまだ軌道に乗っていません。州外からの旅行者と見られる人々の中にはマスクを着用しない人も散見されることから、マスク着用義務を違反した人に車の違反と同じように切符を切り100ドルの罰金を科す法令が検討されています。

コロナ禍で閉業・閉店など残念なニュースも聞くことが多いのですが、今度はオバマ元大統領がハワイに来た時にも寄った、日本人の方にも一度は行ってみたいという人気レストラン「アラン・ウオン」が永久の閉店を発表しました。

日本からハワイに来る旅行者は事前に指定病院の検査で「陰性」の証明書を持ってくればハワイで到着後14日間の隔離を免除することとなり、その第一便が11月6日にANAの臨時便として到着しました。どのくらいの数の方が来られたかとハワイに住む我々は期待していましたが、結果は、到着者数65名のみでした。日本とハワイ州との間で、ハワイ出発前の検査結果を持参すれば日本入国後の14日間自主隔離を免除することが早く決まってくれるとハワイへの渡航を決める方が増えて嬉しいと思っています。日本からの到着人数はコロナ前には1日十数便で約5000人でした。せめてその半分くらいの水準に早く戻ってほしいと思います。

そんな状況ですが、日本から年末年始にハワイに行きたいと考えておられる方もおられると思います。この度、ANAとJALがその年末年始に増便する計画があることがわかりました。
ANAでは、12月と1月は、ホノルルー羽田便を週2便運航するとのことです。羽田発は月・金(但し12月28日と1月11日を除く)、ホノルル発は火・土(12月1日、12月29日と1月12日は除く)に運航します。更に年末年始に2往復の追加増便を設定するそうです。羽田発12月29日と1月2日、ホノルル発12月30日と1月3日です。
JALの12月と1月の臨時便の運航予定は、同じく全便羽田ーホノルルになりますが、羽田発は、12月12日、20日、26日、28日、29日、31日、1月は2日、3日、8日、22日で、いずれも羽田発21:55、ホノルル着09:35となります。ホノルル発は12月13日、21日、27日、29日、30日、1月は1日、3日、4日、9日、23日でホノルル発12:20、羽田着は翌日の16:50となります。

アメリカの大統領選挙は、民主党のバイデン候補が勝利しました。ハワイではもともと圧倒的に民主党が強いのですが、今回もトランプ候補をほぼダブルスコアの大差をつけて、ハワイ州代議員数4票がバイデン氏に回りました。大統領選挙の投票日には、同時に時期ホノルル市長の選挙も行われました。8月の予備選挙で1位と2位になった二人の候補者のうちどちらを選ぶかという選挙だったのですが、74歳の元テレビ局のキャスターだったブランジアディー二候補が60%を得票し、40%得票の55歳実業家アメミヤ候補を破って当選しました。1月からの政権移行に備えて既に人選などに着手しています。

(ハワイの不動産の話)
全般的に見ると、マーケットは取引件数が減っているもののローカルバイヤーの間で取引が活発に動いており、そのため市場価格がほとんど落ちずに推移しているのが現状です。主な理由は、住宅ローンの金利が下がり、借りやすい状況であることと言われています。既に借りていた人も借り換えを進め、金融機関はてんてこ舞いの状況と言われています。ローカル以外のバイヤーの場合、実際に物件そのものを見ずして購入するとなると中古物件にはなかなかオファーを入れることは難しく(例外的に、すでにそのコンドミニアムを知っているので、写真・ビデオを見ればOKという方々はオファーを入れられますが)そうすると元々まだ実態がない、新築物件の購入に目が向くことになるかと思います。今進められている新築物件(建設中あるいはこれから建設する物件)ですが、地域は鉄道計画の終着駅であるアラモアナ近辺になります。その鉄道計画がまた最近いつ完成できるか不明の状態になってきており、来年初頭にブランジアディー二新市長が就任してからどのように進展して行くかを見て行く必要があります。

(当社の新規発売戸建て物件)
11月1日付けで当社からゲート・コミュニティ内のブラック・ポイントにあるオーシャンフロントのゴージャス戸建て物件がマーケットに出されました。おススメ戸建てに載せていますので、是非ご覧ください。ご購入ご希望の方はお知らせください。またお知り合いの方でこのような物件にご興味おありの方がいらっしゃれば、是非お勧めをお願い致します。
https://search.kainahale.com/Home/Special?mlsnumbers=202027922

★★★オンライン個別相談のお知らせ★★★
日々状況が変化する中、日本のお客様から様々なお問い合わせをいただいております。ご心配ごとなどのご相談も寄せられています。そこで私どもで何かお役に立てることを考え、Zoomを使用したオンライン『個別相談』を行うことにいたしましたのでご連絡させていただきます。個別相談の時間は、以下の通り日本の週末土曜日の午前中のお時間にセットさせていただきました。日本時間の毎週土曜日の午前、次回は11月21日(土)です。参加費は無料です。詳細はこちらをご覧ください。

カイナハレハワイ オンライン個別相談会のお知らせ
https://www.kainahale.com/seminar/
———————————————
カイナハレハワイ 厳選物件リスト

★おススメ戸建て物件
4131 ブラックポイントプレイス
価格: US$ 7,200,000.00 日本円:JP¥ 753,108,898
JALのマイル:80,000マイル
ゴールドコースト・ブラックポイントにあるの閑静なゲートコミュニティの家。
2017年にリフォームされたモダンな3BR2BA。オーシャンフロントは絶景。
https://search.kainahale.com/Home/Special?mlsnumbers=202027922

★おススメコンドミニアム
ハワイアンモナーク # 709
価格: US$ 165,000.00 日本円:JP¥ 17,289,791
JALのマイル:5,000マイル
人気のハワイアンモナーク、設備が整ったとても素敵な家具付きコーナースタジオ。
https://search.kainahale.com/Home/Special?mlsnumbers=202024524

★おすすめバケーションレンタル
Foster Tower #701 | フォスター・タワー #701
お部屋タイプ:2BR/2BA レギュラー:$5,000/30泊
ワイキキビーチ目の前のカラカウア通りに建つコンドミニアムです。
お部屋からは、どこまでも続くオーシャンビューを堪能頂けます。
https://www.kainahale.com/property/foster-tower-701/

★おすすめ長期賃貸物件
コロニーサーフ #1704、入居可!
1BR/1BA 1014 sqft お家賃:US$3,800.00+TAX/月
ゴールドコーストに立地するオーシャンフロントの絶景コンドミニアム。
https://www.kainahale.com/property/colony-surf-1704/

———————————————

カイナハレ・ハワイはワイキキの中心、便利なDFSワイキキ ギャラリアタワー10階にございます。旅行の合間にお立ち寄りいただき、ハワイ不動産をご案内させていただくことができます。ハワイにお越しの方で、ハワイ不動産の内見にご興味のおありの方は、お気軽にご連絡ください。本情報について、あるいはいかなることでもご質問があればお問い合わせ下さい。今後、このメールの受信を希望しない方はお手数をおかけいたしますが以下をクリックし、お問い合わせフォームよりメールの配信停止を選択の上、送信をお願いいたします。

———————————————
Hideo Mita (R) 三田 英郎
President & Principal Broker
Kaina Hale Hawaii Realty, Inc.
2222 Kalakaua Avenue, Suite 1001, Honolulu, Hawaii 96815
Tel:(808) 397-5280 Fax:(808) 664-8700 Cell:(808) 286-2834
Email: hmita@kainahale.com
Website: https://www.kainahale.com
Blog: https://ameblo.jp/kainahale
Facebook: www.facebook.com/kainahale

0

カイナハレ・ハワイわくわく不動産便りVol.164

皆様、平素より大変お世話になっております。カイナハレ・ハワイ不動産の三田です。

(ご挨拶)
待望の日本からハワイへの旅行者に対する14日間自主隔離の免除が決まりました。出発前72時間以内に日本の指定病院で監査を受けCOVID-19感染「陰性」の証明を持参すればよいとのことです。こちらをご覧ください。

https://www.allhawaii.jp/covid19/news/201028/
11月4日に開始となりました。また、ハワイアン航空、日本航空、全日空とも11月のフライトについて10月までより多少の便数増が期待されています。しかしながら、日本への帰国後に14日間の隔離が義務付けられることを考えると日本人旅行者の方々が急激に増える可能性は低いと見られています。アメリカ本土からの旅行者は10月15日に事前検査制度を適用して一気に8,300人がハワイを訪れました。ウイークリーに見ると最初の1週目には27,028人が来訪しましたが、2週目には20,188人に減少となり、ハワイ州内の関係者の間では観光産業の早急な回復への期待感がやや薄れています。観光業界では、状況は来年の第2四半期以降までは改善しないという見方が強いとのことです。

ハワイ州観光局によれば、9月にハワイを訪れた旅行者は18,868人で昨年同月より97%減少したと報告しています。この状況下で、失業手当の給付期限を延長する計画をハワイ州労働産業関係局が明らかにしました。通常最高26週間ですが、1回目に13週間の延長があり、今回はその失業保険の支給期間がさらに13週間引き延ばされることになります。この結果最長で52週(1年)受給できる人もいることになります。その失業率ですが、9月のハワイ州の失業率は15.1%で、全米最高でした。

COVID-19のもう一つの話題は、ワクチンです。このほどワクチンが入手可能になった時点での州の暫定配布計画が発表されました。最初の供給量が限られると予想されるため、次の4つの優先グループ順に配布されます。第一グループは、感染リスクが高い医療従事者や緊急対応者、65歳以上で集合住宅に住む人を含めた基礎疾患がある人。第2グループは、幼稚園、小学校の教師や学校職員、必要不可欠とされる勤労者、ホームレス避難所や、身体及び精神障害のあるグループホームにいる人、刑務所、拘置所、留置所の収容者。65歳以上の人。第3グループは、新生児から22歳までの人。このグループには必要不可欠ではないものの、感染のリスクが高まる可能性のある産業や職種の勤労者が入ります。第4フループは、これら3グループに該当しないハワイ住民とのことです。米国食品医薬局では、このワクチンが利用できるようになるのは早くても今年の年末になるとの見通しを示しています。同局では、10月22日に抗ウイルス薬剤レムデシベルを新型コロナウイルス感染症初の治療薬として承認しています。

(ハワイの不動産の話)
オアフ島の西端にあるホテル・リゾート、フォーシーズンズ・オアフが売却され、香港企業がオーナーになりました。コオリナの主要開発業者であるリゾートグループ社は10月26日、フォーシーズンズ・リゾート・オアフの利権をパートナーの香港を拠点とするヘンダーソン・ランド・グループに売却したことを発表しました。取引価格は明らかになっていません。コロナ禍のため3月以来閉鎖中の同リゾートの再開日は発表されていません。コオリナ・リゾートに最初に建設されたホテル「イヒラニ」が2015年1月に閉鎖された際、約500人の従業員が職を失いましたが、その一部は高級サービスを提供するために増員したフォーシーズンズや、西オアフ最大の雇用主であるコオリナの他のリゾートで再雇用された経緯があります。フォーシーズンズはイヒラニを約5億ドルかけて改装した後、2016年5月にオープンしました。今回の利権売却で現在一時帰休中の同リゾートの800人の非組合従業員がどのように扱われるかは不明です。

高架鉄道は最終区間の進捗で様々な話題を提供していますが、その発着地点であるオアフ島西に位置するカポレイで低賃金住宅の建設が着々と進められています。ハワイ州は、数千戸に上る低賃金アパート建設を含む長期的な開発計画をイースト・カポレイで進めています。数十年かかるこの計画は、低家賃住宅の供給や雇用創出などを目的に考案されました。第1期工事は、住宅720戸と客室数180のホテルが建設される他、小売店用に5万ー6万4千平方フィート、オフィス用に2万平方フィートのスペースが設けられる予定で、完成は2029年までの見通しです。第2期工事では2030-2039年にかけて、58エーカーに180戸のレンタルアパートが建設され、2040年に開始される第3期工事では、UHウエスト(ハワイ大学ウエスト・オアフ校)の山側にある60エーカーに倉庫や産業用スペースが設けられるという計画です。

(当社の新規発売戸建て物件)
11月1日付けで当社からゲート・コミュニティ内のブラック・ポイントにあるオーシャンフロントのゴージャス戸建て物件がマーケットに出されました。おススメ戸建てに載せていますので、是非ご覧ください。ご購入ご希望の方はお知らせください。またお知り合いの方でこのような物件にご興味おありの方がいらっしゃれば、是非お勧めをお願い致します。

★★★オンライン個別相談のお知らせ★★★
日々状況が変化する中、日本のお客様から様々なお問い合わせをいただいております。ご心配ごとなどのご相談も寄せられています。そこで私どもで何かお役に立てることを考え、Zoomを使用したオンライン『個別相談』を行うことにいたしましたのでご連絡させていただきます。個別相談の時間は、以下の通り日本の週末土曜日の午前中のお時間にセットさせていただきました。日本時間の毎週土曜日の午前、次回は11月14日(土)です。参加費は無料です。詳細はこちらをご覧ください。

カイナハレハワイ オンライン個別相談会のお知らせ
https://www.kainahale.com/seminar/

———————————————
カイナハレハワイ 厳選物件リスト

★おススメ戸建て物件
4131 ブラックポイントプレイス
価格: US$ 7,200,000.00 日本円:JP¥ 753,108,898
JALのマイル:80,000マイル
ゴールドコースト・ブラックポイントにあるの閑静なゲートコミュニティの家。
2017年にリフォームされたモダンな3BR2BA。オーシャンフロントは絶景。
https://search.kainahale.com/Home/Special?mlsnumbers=202027922

★おススメコンドミニアム
アラモアナ ホテルコンド # 1526
価格: US$ 415,000.00 日本円:JP¥ 43,408,360
JALのマイル:10,000マイル
アラモアナSCの隣、ビーチもお買い物も徒歩圏内の人気のホテルコンド。
https://search.kainahale.com/Home/Special?mlsnumbers=202003935

★おすすめバケーションレンタル
パシフィックモナーク #2608
お家賃:$140/泊〜 最低宿泊日数:3泊〜
ステューディオ、クィーンサイズベッド1台とソファベッド1台があり。
ビーチやレストランなども近く便利なロケーション。ウォシュレット付き。
https://www.kainahale.com/property/pacific-monarch-2608/

パシフィックモナーク #2908
お家賃:$140/泊〜 最低宿泊日数:3泊〜
ステューディオ、ツインサイズベッド2台とソファベッド1台があり。
美しいオーシャンビューと夜景がご覧いただけるお部屋です。
https://www.kainahale.com/property/pacific-monarch-2908/

★おすすめ長期賃貸物件
コロニーサーフ #1704 11月から入居可!
1BR/1BA 1014 sqft お家賃:US$3,800.00+TAX/月
ゴールドコーストに立地するオーシャンフロントの絶景コンドミニアム。
https://www.kainahale.com/property/colony-surf-1704/

ラニケア・アット・ワイキキ#704 即入居可
2BR/2BA 1023sqft お家賃:$3,200+税金+電気代/月
1000sqft以上のゆったりした部屋。上下水道・駐車場2台込み。
https://www.kainahale.com/property/lanikea-at-waikiki704/
———————————————

カイナハレ・ハワイはワイキキの中心、便利なDFSワイキキ ギャラリアタワー10階にございます。旅行の合間にお立ち寄りいただき、ハワイ不動産をご案内させていただくことができます。ハワイにお越しの方で、ハワイ不動産の内見にご興味のおありの方は、お気軽にご連絡ください。本情報について、あるいはいかなることでもご質問があればお問い合わせ下さい。今後、このメールの受信を希望しない方はお手数をおかけいたしますが以下をクリックし、お問い合わせフォームよりメールの配信停止を選択の上、送信をお願いいたします。

———————————————
Hideo Mita (R) 三田 英郎
President & Principal Broker
Kaina Hale Hawaii Realty, Inc.
2222 Kalakaua Avenue, Suite 1001, Honolulu, Hawaii 96815
Tel:(808) 397-5280 Fax:(808) 664-8700 Cell:(808) 286-2834
Email: hmita@kainahale.com
Website: https://www.kainahale.com
Blog: https://ameblo.jp/kainahale
Facebook: www.facebook.com/kainahale

0

カイナハレ・ハワイわくわく不動産便りVol.163

皆様、平素より大変お世話になっております。カイナハレ・ハワイ不動産の三田です。

(ご挨拶)
ハワイに到着する前の72時間以内に、新型コロナ感染検査をして陰性という証明を持参すれば、ハワイに入ってから14日間の隔離が免除される「事前検査制度」がいよいよ10月15日にスタートしました。これを受けて15日にはアメリカ国内からの旅行者がハワイの空港に約8,300人到着しました。この数字は、昨年の10月に1日平均到着した国内旅行者の3分の1を少し上回るとのことです。到着便数は30便でコロナ前の1日のフライト数100便にはまだ及ばない状況です。これを受けて、閉まっていたホテルが徐々に再開を始める動きが出てきているとのことです。

日本からの旅行者受け入れについても動きが出てきました。ハワイ州知事室が14日に発表したところによれば、15日から開始されるハワイ到着後14日間の自主隔離を免除する事前検査制度の検査対象に、米国以外で初めて日本の厚生労働省が認可する新型コロナウイルス感染症の核酸増幅検査NATを承認しました。ハワイ到着後の自主隔離を免除するためには、日本を出発する72時間以内にハワイ州保健局が指定する日本国内の医療機関で、新型コロナウイルス感染症の検査を行い、ハワイ州指定の陰性証明書を発行してもらい、入国時に提示する必要があります。現在、ハワイ州保健局は、日本の様々な医療機関と協議を重ねており、指定医療機関が確定次第、日本向けの事前検査制の開始を発表する予定となっています。

日本向けの事前検査制度が開始されるまでは引き続きハワイ到着後に14日間の自主隔離が必要になります。ハワイ州は、日本政府と協力しながら事前検査プログラムの充実を図り、日本からの旅行者がハワイへ渡航しやすい環境を整備していくとのことです。ハワイ州保健局が日本の指定医療機関名を公表した後、ハワイ州保健局COVID-19情報サイト hawaiicovid19.com に情報が公開されていきます。

コロナ禍による失業の影響で、家賃を払えない人が続出しており、滞納者がハワイ州全体で1万世帯を超えているとのことです。そんななかで18歳以下の子供を対象にした無料のランチ支給が始まっています。「グラブ・アンド・ゴー」というプロジェクトで月曜から金曜日毎日子供一人につき当日のランチと翌日の朝食が配られます。配布のある学校についてはウエブサイトに掲載され、ドライブスルー方式で受け取れます。また、コロナでの失業者を対象に500ドルのプリペイド・デビット・カードが配布されることになりました。これは苦境に立たされている飲食店への救済措置でもあります。

鉄道建設でホノルル市長がHART(ホノルル高速輸送公社)のCEOを更迭するよう、HART理事会に勧告しました。全長20マイルのうち最後の4.16マイルの区間で問題があり、市長も12月31日で満期になることから、1月1日からの新市長が協議に加わって進められることになると思われ、更に完成予定が先延ばしになると見られています。

(ハワイの不動産の話)
9月のオアフ島での不動産販売統計によりますと、戸建ての中間価格が13%上昇しました。2ヵ月連続での値上がりとなりました。9月の一戸建て住宅の販売中間価格は、前年同月の777,000ドルを13.3%上回り880,000ドルとなりました。今年の8月の中間価格は839,000ドルでした。一戸建て住宅の中間価格の上昇の理由について、コロナで家族が自宅にいることが多いことから、より大型な住宅への需要が増大したこと、在庫数が不足していること、そして住宅ローンの金利が低下していることなどの要因が重なったものと見られています。一戸建ての販売数でも前年の347戸に比べ、391戸と戸数でも13%増となりました。コンドミニアムの方は、前年同月の466戸より2%減の456戸でした。中間価格は、445,000ドルと対前年同月比で横ばいでした。

日本の方にもおなじみのニューオータニ・カイマナ・ビーチ・ホテル(全125室)は、ホテルの売却に伴い、全従業員114人のうち110人を11月30日で解雇することを9月15日付けでハワイ州労働産業関係局に通知していたことを明らかにしました。2年前にホノルルに拠点を置くブラックサンドキャピタル社に、2,390万ドルで売却されており、同ホテルは、この12月1日からプライベート・ラベル・コレクション社が運営、同時に「カイマナ・ビーチ・ホテル」と改称されます。解雇通知に含まれない4名の従業員はホテル精算の手助けのため雇用が継続されるとのことです。ホテル内の都レストランは8月31日に営業を停止しています。

★★★オンライン個別相談のお知らせ★★★
日々状況が変化する中、日本のお客様から様々なお問い合わせをいただいております。ご心配ごとなどのご相談も寄せられています。そこで私どもで何かお役に立てることを考え、Zoomを使用したオンライン『個別相談』を行うことにいたしましたのでご連絡させていただきます。個別相談の時間は、以下の通り日本の週末土曜日の午前中のお時間にセットさせていただきました。日本時間の毎週土曜日の午前、次回は10月10日(土)です。参加費は無料です。詳細はこちらをご覧ください。

カイナハレハワイ オンライン個別相談会のお知らせ

ハワイ不動産セミナー

———————————————
カイナハレハワイ 厳選物件リスト

★おススメ戸建て物件
3676 ワオカナカ ストリート
価格: US$ 1,895,000.00 日本円:JP¥ 199,565,027
JALのマイル:60,000マイル
モダンな改装が施されたクラシックな4ベッドルーム。
https://search.kainahale.com/Home/Special?mlsnumbers=202008513

★おススメコンドミニアム
カハラタワーズ # A406
価格: US$ 545,000.00 日本円:JP¥ 57,394,691
JALのマイル:20,000マイル
カハラモールの目の前、ペットフレンドリーなカハラタワーの2BD/2BA。
https://search.kainahale.com/Home/Special?mlsnumbers=202021257

★おすすめバケーションレンタル
ハワイアン・モナーク #3406A
お家賃:$85/泊〜 最低宿泊日数:3泊〜
フルキッチン、フルサイズベッド2台、バスタブとハンドシャワーつきバスルーム完備。
https://www.kainahale.com/property/hawaiian-monarch-3406a

★おすすめ長期賃貸物件
モアナパシフィック I #4602 即入居可
2BR/2BA 923 FTSQ お家賃:$3000+Tax+電気代
アラモアナ・ショッピングセンターまで徒歩7分、ビーチパークまで徒歩10分の便利さ。
https://www.kainahale.com/property/moana-pacific-i-4602
———————————————

カイナハレ・ハワイはワイキキの中心、便利なDFSワイキキ ギャラリアタワー10階にございます。旅行の合間にお立ち寄りいただき、ハワイ不動産をご案内させていただくことができます。ハワイにお越しの方で、ハワイ不動産の内見にご興味のおありの方は、お気軽にご連絡ください。本情報について、あるいはいかなることでもご質問があればお問い合わせ下さい。今後、このメールの受信を希望しない方はお手数をおかけいたしますが以下をクリックし、お問い合わせフォームよりメールの配信停止を選択の上、送信をお願いいたします。

———————————————
Hideo Mita (R) 三田 英郎
President & Principal Broker
Kaina Hale Hawaii Realty, Inc.
2222 Kalakaua Avenue, Suite 1001, Honolulu, Hawaii 96815
Tel:(808) 397-5280 Fax:(808) 664-8700 Cell:(808) 286-2834
Email: hmita@kainahale.com
Website: https://www.kainahale.com
Blog: https://ameblo.jp/kainahale
Facebook: www.facebook.com/kainahale

0

カイナハレ・ハワイわくわく不動産便りVol.162

皆様、平素より大変お世話になっております。カイナハレ・ハワイ不動産の三田です。

(ご挨拶)
ハワイで最初のロックダウンが始まり、新型コロナ対策をスタートさせてから、既に半年が経過しました。10月15日からは、飛行機に搭乗する前72時間以内に事前PCR検査を行い、陰性の証明書を持参した旅行者には、ハワイの空港に到着後の14日間の隔離を免除するということが発表されたのですが、日本からの旅行者は対象となっておりません。また14日間の隔離措置は10月31日までとなっていますが、その期限が再び延長されることはほぼ間違いないと見られています。まだまだ今後の発表を注視して行かなければなりません。年末・年始のシーズンまでには緩和されることを切に願っています。ちなみに9月29日現在のハワイ州での累計感染者数は、12,290人となりました。死者数は134人、現在の感染者数は1,900人です。

そんな中での新型コロナ世論調査が行われ、ワクチンが開発されたら接種を受けるかが問われたところ、ワクチン開発が成功してもハワイ州民の約半数に必ずしも接種を受ける意思がないことがわかりました。主な理由として、開発に政治性がからんでいるため安全性の確認に疑念があるためとしているとのことです。

前回のわくわく不動産便りから今日までに起こったいくつかのニュースをお知らせします。
・コオラウ・ゴルフ・コースが9月30日で営業取りやめになりました。
・ホノルル美術館が10月1日から再開となります。
・パールハーバーのアリゾナ記念館が9月28日から再開しています。
・カイマナ・ビーチ沖にサメが出現しているので、遊泳注意となっています。
・小企業への打撃が拡がり、州や市が追加補助金を出すことになりました。
・州の保健局が学校再開の新評価基準を発表、10月12日に始まる2学期も遠隔授業が継続される見通しとなっています。
・ハワイ大学が予算削減対策で宗教学部等の廃止を検討しています。
・ハワイ大学マノア校の山側の方角で山火事が発生しています。
・ホノルル市長候補者2名の討論が始まっています。

大きなニュースも起こっています。

一つは、ハワイアン航空の大量解雇です。同航空では、連邦財務省から4億2千万ドルの融資を認可されていますが、これまでの損失があまりにも莫大であることから従業員2500人以上の解雇は避けられないとしています。財務省があきらかにしたところでは、ユナイテッド、アメリカン、アラスカ、フロンティア、ジェットブルー・エアウエイズ、スカイウエストなど各航空会社も融資を申請したとのことです。ハワイアン航空の損失額は現在、1日当たり300万ドルにのぼるということです。また国内大手4航空会社の第2四半期のみで総合損失額は100億ドル以上になるとのことです。ハワイアン航空の従業員総数は感染拡大前には7,447人でしたが、大量解雇が実施されると4,946人に縮小されることになります。対象者は、客室乗務員、操縦士、整備士、予約係、ディスパッチャーなどが含まれています。

もう一つのニュースはホノルル市長が鉄道の官民提携の破棄を発表したことです。カーク・コールドウエル現ホノルル市長は、9月25日、官民提携計画を突然破棄しました。これにより、建設計画の監督機関であるホノルル高速輸送会社(HART)と次期市長は、建設を続行するために、もう一度連邦から工事延期の許可を求めることになる模様です。官民提携計画は、総工費92億ドルを投じた鉄道計画の最終区間となる8マイルの工事で計画されていたものです。今予備選挙で1位と2位で残った二人の新市長候補のうち選出される新市長がどのようにさばいていくかが注目されるところです。11月の米国大統領選挙に向けて、最初の候補者討論会が行われました。ところが終始罵倒合戦に終わるという酷い討論会になりました。こちらの方は、これからますますヒートアップした選挙選になるでしょう。

(ハワイの不動産の話)
現在、不動産の売買案件自体が減少傾向にありますが、従来のハワイ州での取引件数比率で最も多い取引はハワイ州内取引で67%程度を占めています。現状では、この規模のハワイ州内での取引が行われています。取引件数が減ってはいるものの、価格の下落は今のところ明確には起こっていません。ただ、観光業への依存が大きいハワイ州のビジネスに観光客が半年間来ないという事実が与える影響には多大なものがあり、ビジネスの一時営業停止や廃業、そして事業縮小などから解雇される従業員も増え続けており、店舗など商業物件で家賃の支払いができないテナントや、住宅で家賃が払えない借主が増え続けています。それは商業物件を所有される方や賃貸住宅物件を所有される方には収入減のリスクがあるということになりますので、売買取引の価格は少しずつ下落していくのでないかと考えています。

旅行客が来ないため、今バケーション・レンタル(短期賃貸)は収入が上がらず、当社でお預かりしている物件のオーナー様の一部ではコロナ禍の最中はハワイのローカル・テナントの入居が規定できる長期賃貸(6ヵ月以上の賃貸)に切り替えての対応をされています。コロナ禍がうまく経過し、旅行者が戻ってくるようになったら、また元のバケーション・レンタルに戻すということで、物件の維持費を生み出すことができますので、もし同じ悩みをお持ちの方がいらっしゃれば、是非当社にご相談下さい。

(お知らせ)
この度、家の中の小さな不具合の修理やフローリングの改装などを迅速・丁寧・安価で請け負ってくれるハンディマンの会社が誕生しました。ホノルル空港地点から遊覧飛行・操縦体験ができるワシン・エアーを営んでおられる会社のオーナーがこの度立ち上げられた会社です。そのオーナーのことは私も長年にわたりよく知っており、十分信頼できる方です。当社でも既に数件の作業を依頼しましたが、とても満足できる内容の仕事をしていただけました。そこで、皆様にも同じような依頼をされたいというご希望があろうかと思い、こちらでご紹介させていただこうと考えました。パンフレットを添付しておきますので、直接ご依頼されるのもよし、当社にお問合せいただいてもお話をつなぎます。そのオーナーは日本の方ですので日本語でのやりとり大丈夫です。ハワイに物件をお持ちの方にもご紹介差し上げて下さい。

詳細はこちらをご覧ください。

★★★オンライン個別相談のお知らせ★★★
日々状況が変化する中、日本のお客様から様々なお問い合わせをいただいております。ご心配ごとなどのご相談も寄せられています。そこで私どもで何かお役に立てることを考え、Zoomを使用したオンライン『個別相談』を行うことにいたしましたのでご連絡させていただきます。個別相談の時間は、以下の通り日本の週末土曜日の午前中のお時間にセットさせていただきました。日本時間の毎週土曜日の午前、次回は10月10日(土)です。参加費は無料です。詳細はこちらをご覧ください。

カイナハレハワイ オンライン個別相談会のお知らせ
https://www.kainahale.com/seminar/

———————————————
カイナハレハワイ 厳選物件リスト

★おススメ戸建て物件
593 モアニアラストリート
価格: US$ 2,388,000.00 日本円:JP¥ 252,014,836
JALのマイル:60,000マイル
海を一望できる広々としたハワイロア・ゲートコミュニティの一戸建て。
https://search.kainahale.com/Home/Special?mlsnumbers=202023463

★おススメコンドミニアム
ワイエア #2903
価格: US$ 1,980,000.00 日本円:JP¥ 208,957,025
JALのマイル:60,000マイル
人気のカカアコの中心、2つのフルバスユニットを持つワイエアの1ベッドルーム。
https://search.kainahale.com/Home/Special?mlsnumbers=202025119

★おすすめバケーションレンタル
ロイヤルクヒオ#1311
レギュラーシーズン:$1,500/30泊
改装したてフルキッチン、バスタブ付きでゆったりとしたコンドミニアム。
https://www.kainahale.com/property/royal-kuhio-1311/

★おすすめ長期賃貸物件
アロハ ラニ#3112
ワイキキの中心に位置しショッピングやレストランに便利な場所にあります。
1BR/1BA パーキング、倉庫付き! 最低契約:1年 お家賃:$1,650+Tax+電気代
https://www.kainahale.com/property/aloha-lani-3112/

ハワイアンモナーク #1406
テレビ・WIFI無料です。プライバシー重視で、収納用品も完備されております。
最低契約日数:6ヶ月 お家賃:US$1,350+電気代/月
https://www.kainahale.com/property/hawaiian-monarch-1406/

モアナパシフィック I #4602 即入居可
2BR/2BA 923 FTSQ お家賃:$3,200+TAX/月
アラモアナ・ショッピングセンターまで徒歩7分、ビーチパークまで徒歩10分の便利さ。
https://www.kainahale.com/property/moana-pacific-i-4602/
———————————————

カイナハレ・ハワイはワイキキの中心、便利なDFSワイキキ ギャラリアタワー10階にございます。旅行の合間にお立ち寄りいただき、ハワイ不動産をご案内させていただくことができます。ハワイにお越しの方で、ハワイ不動産の内見にご興味のおありの方は、お気軽にご連絡ください。本情報について、あるいはいかなることでもご質問があればお問い合わせ下さい。今後、このメールの受信を希望しない方はお手数をおかけいたしますが以下をクリックし、お問い合わせフォームよりメールの配信停止を選択の上、送信をお願いいたします。

———————————————
Hideo Mita (R) 三田 英郎
President & Principal Broker
Kaina Hale Hawaii Realty, Inc.
2222 Kalakaua Avenue, Suite 1001, Honolulu, Hawaii 96815
Tel:(808) 397-5280 Fax:(808) 664-8700 Cell:(808) 286-2834
Email: hmita@kainahale.com
Website: https://www.kainahale.com
Blog: https://ameblo.jp/kainahale
Facebook: www.facebook.com/kainahale

0