カイナハレ・ハワイわくわく不動産便り

カイナハレ・ハワイわくわく不動産便りVol.158

皆様、平素より大変お世話になっております。カイナハレ・ハワイ不動産の三田です。

(ご挨拶)
この週末7月26日前後にハリケーン・ダグラスがハワイ諸島を直撃するというアラートが出され、住民は、みなその対応に追われました。当社でもオーナー様からお預かりしている不動産物件で外に出ているテーブルや椅子などを部屋の中に移動する対応を行いました。しかしながら、実際には特に大雨が降ったり、強風が吹いたりもせず、気が付けば通り過ぎていました。もちろん何も被害がなくてよかったのですが、移動した家具をまた元に戻す作業が残っていました。

ハワイ州のコロナ感染者数の増加が止まりません。新規感染者数が7月29日に109人、30日には124人で累計が1,989人となり、ここ2週間でほぼ倍になった計算です。これを受けて、8月4日から開始予定だった公立学校の授業開始が8月17日からに延期されました。夏の公園イベントは中止になりました。またホノルル市では、深夜以降の酒類提供が禁止になりました。

前回のワクワク通信でお知らせしましたが、ハワイ到着者に14日間の隔離措置を義務付けることが1ヵ月間延長され、8月いっぱいまでになるという、いわば旅行解除延期になったことでハワイのホテル業界では動揺が広がっています。顕著な動きとしては、ハレクラニ・ホテルが来年の6月末まで閉鎖を発表したことがあります。

ハワイ州のイゲ知事は、急激に伸びたハワイの失業率は依然高い水準にあり、観光産業の実質的な閉鎖で、税収が激減し、州が23億ドル(訳2,400億円)の財政赤字を抱えていることを指摘、経済が完全に復活するのは2029年になる模様だと述べました。ハワイ大学の経済研究機構によると、大流行が本格化し経済が遮断される前3月の失業率は2.4%だったが4月には23.8%に跳ね上がったとのこと。最近のニュースではハワイ州内での閉鎖中のビジネスが約900ほどあり、その一割は恒久的な閉鎖とのこと。全体的に、観光客をベースにしている業種がもとに戻らなければ、他の業種のビジネスの40%が直接・間接の影響を受けるだろうとも言われています。

ホノルル市長の予備選挙が8月8日が投票期限で進められています。合計で15人が立候補していますが、今回はすべて郵便投票になることから、選挙人登録者の住所に投票用紙が郵送されて届いています。

最近あまり話題になっていない高架鉄道敷設計画ですが、イースト・カポレイからアロハスタジアムまでの区間で今年の末に運行開始の予定でしたが、これは、来年3月末に延期されました。全体の運営開始を2025年末としていたものも2026年3月に延期されることになりました。今後もまだまだ予断を許さない状況に変わりはありません。

(ハワイの不動産の話)
ワシントン州シアトルに本拠を構える大手テクノロジー企業、通販サイトを運営するアマゾンが、自動車販売代理店であるサーブコ・パシフィックがサンドアイランドに所有する14.4エーカーの土地を購入しました。同土地には、サーブコの車両物流センターとオートパーツセンターがあります。サーブコは、現在トヨタ、レクサス、スバルと契約を結んでいるハワイ州最大の自動車販売代理店で、昨年創業100周年を迎えたところです。アマゾンが買収した14.4エーカーの土地はかつて米海軍が使用していた産業用地で、サーブコが1987年に購入していました。サーブコは引き続き従来通りの業務を続けていくことを表明し、アマゾンは「土地購入により地域のニーズに合ったネットワーク技術の構築に努めていく」とコメントしています。

コロナ感染の影響で経済的打撃が続いていることから、イゲ知事は家主が強制的に借家人に立ち退きを命じることを禁止する規定を8月末まで延長することを明らかにしました。

オアフ島で昨年8月1日に施行されたバケーションレンタル(バケレン)施設規制強化条例に基づき、10月1日から約1700件の采井許可証発行される予定でした。しかし、来年1月31日まで延期する条例案がホノルル市議会に提出されたとのことです。延期される主な理由は、新型コロナの感染拡大を懸念することと、違法バケレンの取り締まりが難しいことから、このような緊急時に運営許可を与えるべきでないという主張に基づいたもののようです。

★★★オンライン個別相談のお知らせ★★★
日々状況が変化する中、日本のお客様から様々なお問い合わせをいただいております。ご心配ごとなどのご相談も寄せられています。そこで私どもで何かお役に立てることを考え、Zoomを使用したオンライン『個別相談』を行うことにいたしましたのでご連絡させていただきます。個別相談の時間は、以下の通り日本の週末土曜日の午前中のお時間にセットさせていただきました。日本時間の毎週土曜日の午前、次回は8月8日(土)です。参加費は無料です。詳細はこちらをご覧ください。

カイナハレハワイ オンライン個別相談会のお知らせ
https://www.kainahale.com/seminar/

———————————————
カイナハレハワイ 厳選物件リスト

★おススメ戸建て物件
1341 Hoakoa Place
価格: US$ 929,000.00 日本円:JP¥ 97,684,238
JALのマイル:40,000マイル
カハラ、ダイニング、ショッピング、高速道路、学校、ビーチなどあらゆるものが便利な立地。
https://search.kainahale.com/Home/Special?mlsnumbers=202018314

★おススメコンドミニアム
Waikiki Sunset # 1914
価格: US$ 600,000.00 日本円:JP¥ 63,089,927
JALのマイル:20,000マイル
カピオラニ公園の近くにワイキキの東端に位置する人気のリゾートコンドミニアム。
https://search.kainahale.com/Home/Special?mlsnumbers=202018411

★おすすめバケーションレンタル
Foster Tower #701 | フォスター・タワー #701
レギュラーシーズン:$5,000/30泊
ワイキキビーチ目の前のカラカウア通りに建つコンドミニアムです。
https://www.kainahale.com/property/foster-tower-701/

★おすすめ長期賃貸物件
パシフィカ ホノルル #1907
パノラマオーシャン/シティービュー、2BR+1デン+2BA、2PKGのお部屋。
最低契約日数:1年 お家賃:$3,150.00+GE TAX/月
https://www.kainahale.com/property/pacifica-honolulu-1907/
———————————————

カイナハレ・ハワイはワイキキの中心、便利なDFSワイキキ ギャラリアタワー10階にございます。旅行の合間にお立ち寄りいただき、ハワイ不動産をご案内させていただくことができます。ハワイにお越しの方で、ハワイ不動産の内見にご興味のおありの方は、お気軽にご連絡ください。本情報について、あるいはいかなることでもご質問があればお問い合わせ下さい。今後、このメールの受信を希望しない方はお手数をおかけいたしますが以下をクリックし、お問い合わせフォームよりメールの配信停止を選択の上、送信をお願いいたします。

———————————————
Hideo Mita (R) 三田 英郎
President & Principal Broker
Kaina Hale Hawaii Realty, Inc.
2222 Kalakaua Avenue, Suite 1001, Honolulu, Hawaii 96815
Tel:(808) 397-5280 Fax:(808) 664-8700 Cell:(808) 286-2834
Email: hmita@kainahale.com
Website: https://www.kainahale.com
Blog: https://ameblo.jp/kainahale
Facebook: www.facebook.com/kainahale

0

カイナハレ・ハワイわくわく不動産便りVol.157

皆様、平素より大変お世話になっております。カイナハレ・ハワイ不動産の三田です。

(ご挨拶)
日本から、集中豪雨による大きな被害ニュースを聞き心を痛めております。コロナ禍で不自由な暮らしを過ごされている中で被災された皆さまに心からお見舞いを申し上げます。

8月からは、フライトも徐々に回復し、8月1日からは72時間前に感染検査をして陰性を証明するものをもってくれば14日間の隔離を免除することが決まっていましたが、7月13日にイゲ州知事が、これを撤回し、8月末まで隔離政策を延長することになりました。撤回した理由は、ハワイ観光産業の主要市場である米国西海岸地域で再び感染者が激増していることです。また、その米国本土での感染者数激増により、ハワイに入って来る医療関連物資が本土側での需要に回されることで供給不足になることも懸念されたものです。このような米国での感染が抑えられないと、本土からのハワイ来訪者がたくさん来ることによるリスクを考え、日本からの来訪者もなかなか増えないだろうことをハワイに住む私たちは感じています。日本での感染者もここにきて第2波かと思わせるような増加傾向にありますし、ハワイでも同様に増えて合計感染者数がアッという間に1000人を超えました。

ハワイに住む人たちの生活では、外出ができるようになってから、家族連れでビーチに行く人たちなど、どこのビーチもローカルの人たちでいっぱいになっています。その一方で飲食店も含めた小売り店では、閉鎖中の店も数多くあります。特に本来なら観光客でにぎわっているワイキキでは依然として閉まっているホテル、土産物店、レストランも数多くあり、カラカウア通りは閑散としたままの状態が続いています。教育面では、公立学校は8月4日から開始、ハワイ大学は8月24日から授業開始となっていますが、そのスケジュール通りに行くかどうか予断を許さない状況です。ハワイ州では、この状況で今後の2年間で23億ドル(約2500億円)の収入減となるだろうとの予測が出ています。

エアラインでの解雇のニュースも出ています。ユナイテッド航空は、10月1日からダニエル・イノウエ空港で332人、カフルイ空港で54人に6か月以上の一時解雇をする予定とのことです。10月1日以前は、国からの救済援助を受けているので解雇できないため10月1日からになるものです。これを見ても旅行者の数が中長期にわたって戻ってこないと見られていることがよくわかります。

(ハワイの不動産の話)
オアフ島の住宅販売が回復の兆しを見せています。6月のオアフ島の住宅販売は販売取引件数、中間価格ともに前年を下回ったものの、5月と比較すると落ち込み幅が縮小し、回復の兆しが見え始めているとのことです。販売取引件数を見てみると、一戸建ては302戸で前年同月比で7.6%のマイナス、コンドミニアムは312戸で、34%減でしたが、5月にはそれぞれ23%減、51%減という記録的な落ち込みでしたので、それに比べると減少幅が縮小傾向にあります。中間価格につきましては、一戸建てが前年同月比3.8%低下、コンドミニアムが2.5%低下となりました。ちなみに4月には取引件数では一戸建て22%減、コンドミニアム28%減で自宅待機措置の影響が出ていました。6月には一度に見る見学者を10人に制限することを条件にオープンハウスが許可されたことが回復の兆しにつながったものとみられています。

今年の2月には2.3%程度がハワイの失業率でしたが、直近ではそれが22%を超える水準になってきています。失業保険を受け取る人が急増しているのですが、現在賃貸住宅に住んでいる人たちの40%近くが家賃を払い続けられない状況にあるとのことです。観光業に大きく依存しているハワイの多くの中小企業も同じように家賃を払えなくなる状態が続いています。企業でのレイオフがこれから始まって来ることになると考えられますし、またホームレスになる人たちも増えてくることになるでしょう。そんな中でホノルル市長選挙が進んでいます。今年は大統領選挙もあり、人々の生活を守ることに誰が一番適しているかが選ばれるキーになると思います。

★★★オンライン個別相談のお知らせ★★★
日々状況が変化する中、日本のお客様から様々なお問い合わせをいただいております。ご心配ごとなどのご相談も寄せられています。そこで私どもで何かお役に立てることを考え、Zoomを使用したオンライン『個別相談』を行うことにいたしましたのでご連絡させていただきます。個別相談の時間は、以下の通り日本の週末土曜日の午前中のお時間にセットさせていただきました。日本時間の毎週土曜日の午前、次回は7月25日(土)です。参加費は無料です。詳細はこちらをご覧ください。

カイナハレハワイ オンライン個別相談会のお知らせ
https://www.kainahale.com/seminar/

———————————————
カイナハレハワイ 厳選物件リスト

★おススメ戸建て物件
91-1040 カニオ ストリート
価格: US$ 735,000.00 日本円:JP¥ 78,617,099
JALのマイル:20,000マイル
カポレイカイの袋小路にあるアップグレードされた3ベッドルームの美しい邸宅。
https://search.kainahale.com/Home/Special?mlsnumbers=202017098

★おススメコンドミニアム
ラニケア アット ワイキキ # 704
価格: US$ 780,000.00 日本円:JP¥ 83,430,391
JALのマイル:20,000マイル
ワイキキ、アラモアナ、公園、レストランに素早くアクセスできる抜群のロケーション。
https://search.kainahale.com/Home/Special?mlsnumbers=202015405

★おすすめバケーションレンタル
サン・スーシ #205
ゴールドコーストに位置する自然に囲まれた静かで落ち着いたコンドミニアム。
1BR/1BA キングサイズベッド1台、クイーンサイズソファベッド1台
https://www.kainahale.com/property/sans-souci-205/

★おすすめ長期賃貸物件
モアナパシフィック #2401
アラモアナSCまで徒歩7分、ビーチまで徒歩10分、夜景は抜群な涼しい山側。
1BR/1BA 最低契約日数:1年 お家賃:US$2,400+TAX/月
https://www.kainahale.com/property/moana-pacific-2401/

イートン・スクエア #1609
ひろびろ681SQFT!静かな住宅地!洗濯機・乾燥機付き!シティビューもナイス!
1BR/1BA 最低契約日数:1年 お家賃:US$2,100/月
https://www.kainahale.com/property/villa-on-eaton-square-1609/
———————————————

カイナハレ・ハワイはワイキキの中心、便利なDFSワイキキ ギャラリアタワー10階にございます。旅行の合間にお立ち寄りいただき、ハワイ不動産をご案内させていただくことができます。ハワイにお越しの方で、ハワイ不動産の内見にご興味のおありの方は、お気軽にご連絡ください。本情報について、あるいはいかなることでもご質問があればお問い合わせ下さい。今後、このメールの受信を希望しない方はお手数をおかけいたしますが以下をクリックし、お問い合わせフォームよりメールの配信停止を選択の上、送信をお願いいたします。

———————————————
Hideo Mita (R) 三田 英郎
President & Principal Broker
Kaina Hale Hawaii Realty, Inc.
2222 Kalakaua Avenue, Suite 1001, Honolulu, Hawaii 96815
Tel:(808) 397-5280 Fax:(808) 664-8700 Cell:(808) 286-2834
Email: hmita@kainahale.com
Website: https://www.kainahale.com
Blog: https://ameblo.jp/kainahale
Facebook: www.facebook.com/kainahale

0

カイナハレ・ハワイわくわく不動産便りVol.156

皆様、平素より大変お世話になっております。カイナハレ・ハワイ不動産の三田です。

(ご挨拶)
今年ももう半年を経過し、7月ですね。7月4日の米国独立記念日には例年なら、前日からアラモアナ公園のマジックアイランド内に場所を確保し、当社のお客様達をご招待して夕方にバーベキュー・パーティを開き、夜には目の前に上がる花火を皆で楽しんできました。今年は、残念ながら、その花火大会も中止となってしまいました。

東京でのコロナ感染者数がじわじわと増えているのと同じようにハワイでも6月28日には新規感染者が27名増え、累計899名になりました。その中で、イゲ州知事は6月24日に州外からの旅行者の受け入れについて、8月1日から緩和することを発表しました。内容は、出発の72時間以内にコロナ感染検査を受け、ハワイ到着時に陰性反応を示したことを証明する書類を提示した旅行者には14日間の隔離措置を免除するというものです。

6月27日に州外から旅客機でハワイに到着した人は1930人で、観光客はそのうち25%を占める481人だったと観光局が発表しています。1930人中、683人がハワイ住民、170人が軍関係者、93人がハワイに移住、残りの210人はハワイ経由で別の目的地に向かう旅行者でした。旅行業界では、米国本土からの予約が8月以降にやや増加しているため、一部ホテルの再開もありうるとみているようですが、一気に増える見通しは立てられず、営業の再開を9月まで待つ大型ホテルもあると見込まれています。

日本では、失業率がそれほど高くなっていないとの報道がありますが、おそらく隠れ失業者がたくさんおられるのだろうと思います。ハワイの失業率は2020年5月では22.6%という高率を示しています。14日間の太平洋旅行者に対する隔離義務が解除されるまで失業率は高いままで推移し、今年末まで二桁の失業率が続く可能性があると見られています。2年半前には失業率2.2%と全米で最も低かったハワイ州は、現在ネバダ州に次ぐ2番目に高い失業率になっています。全米平均では5月は13.3%となっています。一方、州内の破産件数は5月の112件は前年同月の144件より22.2%減少しています。これは、コロナ禍救済のために中小企業庁が行った給与保護基金と経済災害ローンが大きく作用していると見られています。ただ、これらの連邦政府の援助がなくなり、コロナの流行が長期化すれば6月以降は失業者だけでなく、破産者も急増すると言われています。

このところ、話題に上っていなかった鉄道プロジェクトですが、延期の情報があります。2025年に全線開通だった予定を撤回し、2026年3月に延期とされました。西カポレイからアロハスタジアム間が今年の末に開通という以前の発表も来年3月末になると修正されました。

(ハワイの不動産の話)
アラモアナ・センターのオーナー、ブルックフィールド社は、ショッピングモールに隣接する土地に高さ400フィートの居住用タワービル「アラモアナプラザ」を早ければ来年末にも着工すると発表しました。「アラモアナプラザ」は、コナ通りとピイコイ通りの角に建設される595戸の賃貸コンドで、ブルックフィールド・プロパティ―・パートナーズの代表は23日、アラモアナ・カカアコ近隣委員会で、詳細を発表しました。この建設予定地は、将来の鉄道駅に近く、建設基準の変更が承認されれば400フィートの高さが認められることになります。総戸数の20%に当たる119戸がアフォーダブル価格の住宅となります。来年末までに着工できれば完成は2024年半ばになる見込みとのことです。

ワイキキ・アラワイ地区では、アラワイ通りで長年にわたり維持管理を怠って老朽化したアパートを収用する決議案が出されたとのことです。これが収用されれば改装されて低家賃住宅になるものと言われています。

マウイ島では、キヘイに120戸の低所得者向け賃貸住宅「カイワヒネビレッジ」が完成しました。マウイ島では低所得者向けの住宅が不足しており、特にマウイ南部の不足問題は深刻になっているとのことです。

さて、5月のオアフ島の住宅販売データが発表になりました。新型コロナウイルス感染症の影響で、一戸建て住宅、コンドミニアムともに番バイ取引数が前年を大きく下回りました。一戸建ての販売取引数は、248戸で、前年同月比22.5%減、コンドミニアムは254戸で、前年比51.2%減という記録的な落ち込みとなりました。中間価格では、一戸建て797,000ドルで前年比3.5%上昇、コンドミニアムは399,900ドルで前年比4.4%下落しました。コンドミニアムの大幅減少は、主に物件の内見をするのがコロナ規制で難しかったためではないかと言われています。6月5日からはソーシャルディスタンスを順守すればオープンハウスも可能となりましたので、取引件数は徐々に増えてゆくと期待されています。

★★★オンライン個別相談のお知らせ★★★
日々状況が変化する中、日本のお客様から様々なお問い合わせをいただいております。ご心配ごとなどのご相談も寄せられています。そこで私どもで何かお役に立てることを考え、Zoomを使用したオンライン『個別相談』を行うことにいたしましたのでご連絡させていただきます。個別相談の時間は、以下の通り日本の週末土曜日の午前中のお時間にセットさせていただきました。日本時間の毎週土曜日の午前、次回は7月4日(土)です。参加費は無料です。詳細はこちらをご覧ください。

カイナハレハワイ オンライン個別相談会のお知らせ
https://www.kainahale.com/seminar/

———————————————
カイナハレハワイ 厳選物件リスト

★おススメ戸建て物件
1139 マカイワ ストリート
価格: US$ 2,500,000.00 日本円:JP¥ 268,971,690
JALのマイル:60,000マイル
カハラで最高の価値のある、カハラモールワイアラエCCのすぐそば12,548SQFTの邸宅。
https://search.kainahale.com/Home/Special?mlsnumbers=202014293

★おススメコンドミニアム
アエオ# 3706
価格: US$ 1,380,000.00 日本円:JP¥ 148,472,373
JALのマイル:40,000マイル
新価格!!すべての部屋から壮大な海と街の景色が楽しめるアップグレードされたアエオの物件。
https://search.kainahale.com/Home/Special?mlsnumbers=202003897

★おすすめバケーションレンタル
ワイキキ・バニヤン #3708 T1
最上階37階のペントハウスです! 居心地よいゆったりとした空間を楽しめます。
1BR/1BA、キングベッド1台、ソファベッド1台。 料金:$159~
https://www.kainahale.com/property/waikiki-banyan-3708-t1/

★おすすめ長期賃貸物件
モアナパシフィック #2401
アラモアナSCまで徒歩7分、ビーチまで徒歩10分、夜景は抜群な涼しい山側。
1BR/1BA 最低契約日数:1年 お家賃:US$2,400+TAX/月
https://www.kainahale.com/property/moana-pacific-2401/

イートン・スクエア #1609
ひろびろ681SQFT!静かな住宅地!洗濯機・乾燥機付き!シティビューもナイス!
1BR/1BA 最低契約日数:1年 お家賃:US$2,100/月
https://www.kainahale.com/property/villa-on-eaton-square-1609/

センチュリー・センター #702
好立地!便利!書斎・駐車場付!ひろびろ390SQFT!角部屋スタジオ!
Studio/1BA 最低契約日数:1年 お家賃:US$1,600+TAX/月
https://www.kainahale.com/property/century-center-702/
———————————————

カイナハレ・ハワイはワイキキの中心、便利なDFSワイキキ ギャラリアタワー10階にございます。旅行の合間にお立ち寄りいただき、ハワイ不動産をご案内させていただくことができます。ハワイにお越しの方で、ハワイ不動産の内見にご興味のおありの方は、お気軽にご連絡ください。本情報について、あるいはいかなることでもご質問があればお問い合わせ下さい。今後、このメールの受信を希望しない方はお手数をおかけいたしますが以下をクリックし、お問い合わせフォームよりメールの配信停止を選択の上、送信をお願いいたします。

———————————————
Hideo Mita (R) 三田 英郎
President & Principal Broker
Kaina Hale Hawaii Realty, Inc.
2222 Kalakaua Avenue, Suite 1001, Honolulu, Hawaii 96815
Tel:(808) 397-5280 Fax:(808) 664-8700 Cell:(808) 286-2834
Email: hmita@kainahale.com
Website: https://www.kainahale.com
Blog: https://ameblo.jp/kainahale
Facebook: www.facebook.com/kainahale

0

カイナハレ・ハワイわくわく不動産便りVol.155

皆様、平素より大変お世話になっております。カイナハレ・ハワイ不動産の三田です。

(ご挨拶)
5月15日からショッピングモールがオープンし、6月5日からはレストランの店内飲食が許可されるなど、感染者数が減少する中で少しずつ自宅待機の制約が緩和され、市民生活が戻ってきていました。16日からは、ジム、映画館、バーなどの営業が可能になります。そんな中、ずっと0-2名くらいの低水準で続いていた感染者数が少しずつ増えてきています。6月7日2名、8日1名だったものが、9日には6名となり、11日には7名、そして13日には17名となり、4月18日の21名以来の過去2ヵ月中最大の感染者数を記録しました。

当初は6月からJAL/ANAのフライトが飛ぶということだったものが、6月は飛ばず7月から飛ばすと変更されていました。それが今度は7月中も飛ばないということになりました。当社のお客様で6月中旬にフライト予約されていた方が、7月1日に予約変更したものの、7月にも来訪できなくなりお困りになっています。到着後の14日間の外出自粛も7月末まで延長されましたが、これが解かれないとよほどの重要な案件をお持ちでない方以外は来られないと思います。いよいよはっきりと長期戦の様相を呈してきました。

一方でハワイ訪問者が漸増というニュースもあります。5月末には、州外からの訪問者が6日間連続で増加し、6月1日にはロックダウン開始以来の最多となる462人が全20便のフライトでハワイに到着しました。訪問先はオアフ島403人、マウイ島41人、ハワイ島コナが18人でした。それでも、ハワイ州観光局によると、5月の旅行者は4,564人、昨年同月の856,250人と比べると99.5%減という少なさです。

ハワイ医療協会が医師を対象に実施した世論調査によると、診療所で新型コロナウイルスに感染することを恐れ、定期健診を控えたり、病気にかかっているにもかかわらず、診察の予約をしないことが増えているという結果が出ています。3月1日現在で州内内科医1018人の70%以上が前年同期比で50%以上減少、約3分の1が75%以上減少したと回答しています。医師の98.7%は収入が減少したそうです。医療関係者たちは、定期健診を受ける人が減ると他の病気にかかる人が増えるという警戒感を強めています。

観光業に依存するハワイのビジネス業界では今後、倒産・廃業が続くことが予想されていますが、同時に職場の変革が進んできています。新しい職場環境には、安全性の向上に重点を置いたオフィスで勤務する従業員の数の制限や、時間差出勤、消毒作業の強化、新たな仕切りの設置、体温スキャナーの備えなどがあります。オフィスに出勤する場合にも同時に勤務するのは半数以下にし、多くの作業は自宅となります。実際にはすでに自宅ワークでオンライン・ミーティングに参加することが多くの企業で行われています。小売店での支払いもキャッシュレスが拡大しています。

ホノルル市長選挙には15人が立候補しました。今回の選挙は、「全郵送投票」になります。有権者には7月21日から投票用紙が届き、8月8日に予備選挙が実施され、最多得票者が過半数に満たない場合には、上位2者が11月3日の一般投票で決選投票に臨むことになります。

(ハワイの不動産の話)
相変わらず、ハワイ州外からの訪問者が少ないため、不動産取引は主にハワイ州内の人々により取引されています。全体としての動きはかなり減少傾向にあります。おそらく価格も少し下がってくるものと考えます。今回のご報告時には特に大きな動きはありませんでした。

★★★オンライン個別相談のお知らせ★★★
日々状況が変化する中、日本のお客様から様々なお問い合わせをいただいております。ご心配ごとなどのご相談も寄せられています。そこで私どもで何かお役に立てることを考え、Zoomを使用したオンライン『個別相談』を行うことにいたしましたのでご連絡させていただきます。個別相談の時間は、以下の通り日本の週末土曜日の午前中のお時間にセットさせていただきました。日本時間の毎週土曜日の午前、次回は6月20日(土)です。参加費は無料です。詳細はこちらをご覧ください。

カイナハレハワイ オンライン個別相談会のお知らせ
https://www.kainahale.com/seminar/

———————————————
カイナハレハワイ 厳選物件リスト

★おススメ戸建て物件
117 ポリハレストリート
価格: US$ 1,499,000.00 日本円:JP¥ 160,909,518
JALのマイル:40,000マイル
空気の流れのより高いロフトとダイヤモンドヘッドなどパノラマが楽しめる物件。
https://search.kainahale.com/Home/Special?mlsnumbers=202011703

★おススメコンドミニアム
センチェリーセンター# 702
価格: US$ 139,000.00 日本円:JP¥ 14,920,896
JALのマイル:5,000マイル
コンベンションセンターの目の前、1パーキング付き上品に改装された1BR。
https://search.kainahale.com/Home/Special?mlsnumbers=202009009

★おすすめバケーションレンタル
フォスター・タワー #701
お部屋からどこまでも続くオーシャンビュー、ワイキキビーチ目の前のコンド。
お部屋タイプ:2BR/2BA 料金:$5,000/30泊~
https://www.kainahale.com/property/foster-tower-701/

★おすすめ長期賃貸物件
モアナパシフィック #2401
アラモアナSCまで徒歩7分、ビーチまで徒歩10分、夜景は抜群な涼しい山側。
1BR/1BA 最低契約日数:1年 お家賃:US$2,400+TAX/月
https://www.kainahale.com/property/moana-pacific-2401/

———————————————

カイナハレ・ハワイはワイキキの中心、便利なDFSワイキキ ギャラリアタワー10階にございます。旅行の合間にお立ち寄りいただき、ハワイ不動産をご案内させていただくことができます。ハワイにお越しの方で、ハワイ不動産の内見にご興味のおありの方は、お気軽にご連絡ください。本情報について、あるいはいかなることでもご質問があればお問い合わせ下さい。今後、このメールの受信を希望しない方はお手数をおかけいたしますが以下をクリックし、お問い合わせフォームよりメールの配信停止を選択の上、送信をお願いいたします。

———————————————
Hideo Mita (R) 三田 英郎
President & Principal Broker
Kaina Hale Hawaii Realty, Inc.
2222 Kalakaua Avenue, Suite 1001, Honolulu, Hawaii 96815
Tel:(808) 397-5280 Fax:(808) 664-8700 Cell:(808) 286-2834
Email: hmita@kainahale.com
Website: https://www.kainahale.com
Blog: https://ameblo.jp/kainahale
Facebook: www.facebook.com/kainahale

0

カイナハレ・ハワイわくわく不動産便りVol.154

皆様、平素より大変お世話になっております。カイナハレ・ハワイ不動産の三田です。

(ご挨拶)
ハワイの新型コロナウイルス感染者総数は5月28日付で647人、死者17人となりました。ここ1か月では極めて少数の感染者数を記録しています。5月15日にショッピング・モールや小売店の多くが再開しましたが、客足は鈍く、回復への道のりは険しく、営業再開後も完全には立ち直れず、倒産に追い込まれる可能性を経営者は懸念しています。6月5日からは、レストランでの店内飲食ができるようになります。今年4月のハワイ州全体でのホテル客室稼働率は8.9%と前年同月比では88.6%減を記録しました。平均客室単価も131.16ドルと、全年同月比マイナス51.8%となりました。この稼働率8%台というのは、閉鎖しているよりも営業している方が赤字が大きくなるというレベルとのことです。ちなみに全米上位25のホテル市場での4月平均稼働率は23.4%とのことで、8%台というハワイの落ち込みの大きさをよく示しています。業界専門家の話では、50%の稼働率に戻るには早くて本年12月のハイシーズン時で、60%台以上に戻るのは2022年後半になるのではという観測を示しています。また、観光業の健全な再開なくして他の業種での損失無くしての再開は難しいだろうとの意見もあります。

今年の3月までは非常に低水準だったハワイ州の失業率が4月には州史上最高を記録しました。3月には2.4%だったものが一か月後の4月には22.3%に達しました。ちなみに全米では3月の4.4%が4月に14.7%に上昇したものの、ハワイ州よりはるかに低い水準であることがおわかりになると思います。4月には139,000人を数えましたが、レジャー・ホスピタリティ産業での雇用喪失件数が約7万件であり、このうちホテル、飲食業界が64,300件を占めています。雇用喪失件数が2番目に多かったのは、公立学校のサポートスタッフを中心とした州政府職で、11,700件を占めました。

ハワイ州の観光局は、運営予算をホテル税に依存しているのですが、資金源を失って財政危機に直面しています。現在州内では130軒以上のホテルが営業を停止しており、6月中には地元住民による島間旅行を解禁するよう観光局は州知事に要請しています。ただ、地元住民も多くは旅行のための経済的余裕もなく、島間航空路線の便数も大幅に削減されているので、解禁が島間旅行のみに限定されれば再開をためらうホテルも出る可能性が高いと言われています。この経済危機では、島間貨物が停止してしまう危機も伝えられています。海運会社ヤング・ブラザーズが財政難で操業停止の危機に直面し、州に救済を要請しています。特にモロカイ島とラナイ島では物資の運搬がヤング・ブラザーズ社による海運輸送のみであるため、住民の生活物資が届かずに生活に直撃することが心配されています。一方、人気のほとんどなかったワイキキのカラカウア通りで、ホテル労働組合員たちのデモ行進が行われました。観光再開時に好況の安全と労働者のニーズを優先した観光業の再開計画を求めたものです。具体的には、第2波の新型コロナウイルス感染が発生した場合の対応策が確立されるまで観光業の再開を急がないようにと州政府に求めたものです。

今週もたらされたコロナ危機以外のニュースでは、海中の巨大火山が確認されたというものがありました。ハワイの北西諸島のガードナー尖礁を取り囲む岩礁の中にある「プハホヌ火山」が世界最大の楯状火山であることをハワイ大学の科学者が明らかにしました。今までハワイ島のマウナロア山が世界最大の楯状火山とされてきましたが、 プハホヌ火山はその約2倍の大きさがあります。名前の意味は「息をするために浮上するカメ」とのことです。

(ハワイの不動産の話)
不動産の売買活動はやはりスローダウンしていますが、ハワイ住民が賃貸から自分の家を持ったり、買い替えたりする需要は根強くありますので、規模は縮小しているものの取引は動いています。もし、ご売却をご検討されておられる方がおいででしたら、是非一度当社にご相談下さい。当社では、物件をご購入されたオーナー様の物件をお預かりして短期賃貸(バケーション・レンタル http://www.kainahale.com/vacation-rental )あるいは6ヵ月以上の賃貸(長期賃貸 https://www.kainahale.com/for-rent/ )を運営する、いわゆる物件管理サービスを行っています。その中で短期賃貸についてはハワイのホテル業が大打撃を受けているのと同じように予約が激減する状態になってしまいました。こちらのメルマガでも書いておりますように、50%観光客が戻ってくるには早くても年末、コロナ以前の6-7割程度の戻りは更に来年の後半くらいにならないと難しいのではという観測があります。そこで、当社で管理させていただいている物件のオーナー様たちには、一時的にローカル・マーケット向けの長期賃貸のテナント付けをトライされてはいかがかというご提案をさせていただいております。また、空室が続く間は月一回の定期点検をさせていただくことと、その間に普段手が付けられなかった改装・手直しに着手されてはいかがかというお問合せも併せてしていることころです。

まだしばらく日本とハワイとの間のフライトも以前のレベルまではすぐには戻らないと考えていますが、ハワイでの到着後14日間の隔離義務が解けましたら是非一度お越し下さい。今は気候も空気も最高に良い時です。これからは花も咲き乱れる環境の中で、青い海・青い空を見ながら爽やかな風を感じることができますよ。お待ちしています。

★★★オンライン個別相談のお知らせ★★★
日々状況が変化する中、日本のお客様から様々なお問い合わせをいただいております。ご心配ごとなどのご相談も寄せられています。そこで私どもで何かお役に立てることを考え、Zoomを使用したオンライン『個別相談』を行うことにいたしましたのでご連絡させていただきます。個別相談の時間は、以下の通り日本の週末土曜日の午前中のお時間にセットさせていただきました。日本時間の毎週土曜日の午前、次回は6月6日(土)です。参加費は無料です。詳細はこちらをご覧ください。

カイナハレハワイ オンライン個別相談会のお知らせ

ハワイ不動産セミナー

———————————————
カイナハレハワイ 厳選物件リスト

★おススメ戸建て物件
888 アイポストリート
価格: US$ 865,000.00 日本円:JP¥ 92,969,679
JALのマイル:40,000マイル
ハワイカイの広々としたオープンフロアプランの3 BR/1.5BAの一戸建て。
https://search.kainahale.com/Home/Special?mlsnumbers=202008854

★おススメコンドミニアム
レジャー・ヘリテージ # 1203
価格: US$ 550,000.00 日本円:JP¥ 59,113,669
JALのマイル:20,000マイル
ワイキキの西側、1フロアあたり5unitとゆったりした2BR/2BA/1PKG物件。
https://search.kainahale.com/Home/Special?mlsnumbers=202011969

★おすすめバケーションレンタル
コオリナカイ・ゴルフエステート | Ko Olina Kai Golf Estates
お部屋タイプ:3BR/2.5BA 宿泊料金:$219/泊 最低宿泊日数:30泊~
世界的に有名なコオリナ・ゴルフコースの10番ホールに位置する一戸建ての邸宅!
https://www.kainahale.com/vacation-rental/ko-olina-kai-golf-estates

★おすすめ長期賃貸物件
イートン・スクエア #1609
好立地!便利!駐車場付!ひろびろ681SQFT!静かな住宅地!洗濯機・乾燥機付き!シティビューもナイス!
1BR/1BA 最低契約日数:1年 お家賃:US$2,100/月
https://www.kainahale.com/property/villa-on-eaton-square-1609/
———————————————

カイナハレ・ハワイはワイキキの中心、便利なDFSワイキキ ギャラリアタワー10階にございます。旅行の合間にお立ち寄りいただき、ハワイ不動産をご案内させていただくことができます。ハワイにお越しの方で、ハワイ不動産の内見にご興味のおありの方は、お気軽にご連絡ください。本情報について、あるいはいかなることでもご質問があればお問い合わせ下さい。今後、このメールの受信を希望しない方はお手数をおかけいたしますが以下をクリックし、お問い合わせフォームよりメールの配信停止を選択の上、送信をお願いいたします。

———————————————
Hideo Mita (R) 三田 英郎
President & Principal Broker
Kaina Hale Hawaii Realty, Inc.
2222 Kalakaua Avenue, Suite 1001, Honolulu, Hawaii 96815
Tel:(808) 397-5280 Fax:(808) 664-8700 Cell:(808) 286-2834
Email: hmita@kainahale.com
Website: https://www.kainahale.com
Blog: https://ameblo.jp/kainahale
Facebook: www.facebook.com/kainahale

0