カイナハレ ハワイのバケーションレンタルをご予約いただきましたお客様へ

いつもカイナハレハワイをご利用頂きありがとうございます。 イゲ州知事の指示により、ハワイにご到着のお客様の隔離政策を10月末まで延長することが決まりました。カイナハレ ハワイでは、5月以降のご予約をいただいているお客様について、ご予約の日付変更を無料で承っております。(2022年6月30日の期間内まで。) 変更日程がまだ決定できない場合は、スケジュール変更のご希望をご連絡下さい。 お問い合わせは reservation@kainahale.com までご連絡ください。 何卒よろしくお願いします。

ハワイに住む夢かなえよう カイナハレハワイ不動産

ハワイ不動産は、JALのマイルがたまるカイナハレ ハワイへどうぞ。コンドミニアム、バケーションレンタル、店舗・投資物件のご購入から管理、バケーションレンタル、コンシェルジェサービスまで、ハワイ州における不動産に関する全般的な業務は、カイナハレ・ハワイに依頼すればワンストップでお任せいただける会社作りを目指しています。

カイナハレハワイのオンラインサービス

ハワイ不動産の最新情報とハワイのニュースと皆様からのご質問にお答えするトークタイム。今のハワイの状況についてもお話しさせていただきたいと思います。次回は日本時間5/12(水)午前11時スタートです。

詳細はこちらダイジェスト版

日本時間の週末土曜日午前中のお時間に、各回一組限定のオンライン個別相談会を開催します。物件の売買、売却、ハワイ赴任・移住などハワイの不動産に関するご相談に個別にお応えします。

詳細はこちら

国内外からご購入のケースも増えています。ご購入まであとワンステップの段階にある方々のために、リモート内覧をさせていだきます。詳細はこちらをご覧ください。

詳細はこちら

カイナハレハワイのおすすめサービス

カイナハレハワイが自信を持ってお勧めする、安心してご購入いただける優良リスティング物件リストです。

詳細はこちら
長期賃貸 | ハワイ不動産 カイナハレ ハワイ

長期出張・滞在&ローカルはもちろん、カイナハレ ハワイのハワイ賃貸物件おすすめリストです。

詳細はこちら
バケーションレンタル | ハワイ不動産 カイナハレ ハワイ

ハワイで暮らすように過ごす、カイナハレ ハワイのバケーションレンタルおすすめ物件リストです。

詳細はこちら
ハワイ不動産物件検索 | ハワイ不動産 カイナハレ ハワイ

ハワイの最新不動産物件を、物件のタイプやエリアなどご希望の条件でリアルタイムで検索しましょう!

使い方のご案内スマートフォン検索
ハワイの物件を購入したい方 | ハワイ不動産 カイナハレ ハワイ

ハワイの不動産物件購入は、カイナハレハワイの経験豊富なセールス及びスタッフにお任せください。

詳細はこちら
ハワイの物件を売却したい方 | ハワイ不動産 カイナハレ ハワイ

ハワイ現地にいらっしゃらなくても、物件の売却が出来ます。東京オフィスがお客様を完全サポート。

詳細はこちら

カイナハレハワイ不動産のYouTubeチャンネルができましたのでお知らせいたします。YouTubeラジオとして音声でも楽しんでいただこうと、マイクの前でお話しさせていただいております。どうぞご視聴ください。

詳細はこちら
不在宅総合管理サービス | ハワイ不動産 カイナハレ ハワイ

家には人が住んでいないと老朽化が加速してしまいます。オーナー様がいつ来ても快適に別荘をご利用になれるよう不在宅管理をさせていただいております。

詳細はこちら
海外不動産担保ローン | ハワイ不動産 カイナハレ ハワイ

カイナハレハワイは、株式会社日本保証が保証する「海外不動産担保ローン」をご紹介しております。

海外不動産担保ローン

BUSINESS PARTNERSHIP

Kaina Hale Hawaii Realty, Inc.は、日米の同業不動産会社をはじめ多種多様な会社と協力関係を結んでおります。
ハワイ州における不動産に関する全般的な業務に限らず、お客様にワンストップショッピングをしていただける会社作りを目指しています。

カイナハレ ハワイ代表、三田の最新ハワイ不動産情報

最新 | メールマガジン『カイナハレ・ハワイわくわく不動産便り』より

皆様、平素より大変お世話になっております。カイナハレ・ハワイ不動産の三田です。

 

(ハワイの話)
例年なら、旅行で来られる方や購入不動産物件を見に来られる方、また当社でご所有の物件を管理させていただいているオーナー様達が入れ替わり立ち代わりお見えになられ、てんてこ舞い状態になるゴールデン・ウイークなのですが、今年のゴールデン・ウイークは昨年同様とても静かなものです。とはいえ、昨年とはまた違って、今年はアメリカ本土からの来訪者が毎日2万人近くハワイ入りしているため、バケーションレンタルご利用の米国人の方向けのビジネスが少し回復という状況にあります。

 

ハワイでの新型コロナ感染対策用ワクチンの接種も既に16歳以上への接種も始まって順調に進んでいます。5月11日からは、ハワイの島間の移動ではワクチンパスポートが開始されます。つまりワクチンの接種が終わった人には訪問先での自主隔離措置が免除されることになります。この措置がゆくゆくは太平洋横断旅行にも適用されることになるものと言われています。またワクチン接種完了となった人には、屋外ではマスクが不要という新ガイドラインが米国疾病予防管理センター(CDC)から発表されました。ハワイではこれを審議中ですが、まだマスク着用の義務は変更されていません。ちなみにハワイでの感染率はCDCデータによると全米で最低の10万人あたり39.1人です。全米平均の135.3人を大幅に下回っています。

 

米国本土からハワイへの来訪者数が、昨年10月15日から今年の4月14日までの6か月間で250万人を超えたというニュースがありました。これは「セーフトラベルズ・ハワイ」と銘打った経済開発プログラムを行った成果です。このプログラムは、ハワイを旅行する人が、出発72時間前に新型コロナウイルス感染検査を受け、到着時に陰性証明書を提示した場合、10日間の自主隔離を免除されるというものです。ハワイでは日本からのビジターに対しても同じ条件にすることを決め日本での検査指定クリニックも数多く決めましたが、肝心の日本へ帰国したときの自主隔離が解除されていないことが主な理由で、日本からのハワイ訪問者は平均で1日100人程度と低迷したままになっています。

ニュースレターの続きはこちらから

ニュースレター『カイナハレ・ハワイわくわく不動産便り』

毎月2回、ハワイの最新情報とハワイ不動産ニュースを現地ホノルルよりお届けしています。
『カイナハレ・ハワイわくわく不動産便り』をご希望の方はこちらのフォームをご利用ください。

SUBSCRIBE TO OUR NEWSLETTER

ハワイ不動産ニュースレター
無料購読申し込み・退会フォーム