ハワイに住む夢かなえよう カイナハレハワイ不動産

カイナハレ・ハワイという社名は、ハワイ語のKAI(海)とAINA(土地)を合わせたKAINAと、HALE(家)から成り、「KAINA HALE」、すなわち「オーシャンビューの土地の上に建つ家」をイメージしました。業務内容は、不動産の売買から管理、バケーションレンタル、コンシェルジェサービスまで、ハワイ州における不動産に関する全般的な業務。カイナハレ・ハワイに依頼すれば、安心してすべてを任せられる、ワンストップショッピングできる会社作りを目指しています。

ハワイで暮らすように過ごす、カイナハレ ハワイのバケーションレンタルおすすめ物件リストです。

詳細はこちら

長期出張・滞在&ローカルはもちろん、カイナハレ ハワイのハワイ賃貸物件おすすめリストです。

詳細はこちら

ハワイの最新不動産物件を、物件のタイプやエリアなどご希望の条件でリアルタイムで検索しましょう!

使い方のご案内スマートフォン検索

ハワイの不動産物件購入は、カイナハレハワイの経験豊富なセールス及びスタッフにお任せください。

詳細はこちら

ハワイ現地にいらっしゃらなくても、物件の売却が出来ます。東京オフィスがお客様を完全サポート。

詳細はこちら

オーナー様がいつ来ても快適に別荘をご利用になれるよう不在宅管理をさせていただいております。

詳細はこちら

BUSINESS PARTNERSHIP

Kaina Hale Hawaii Realty, Inc.は、日米の同業不動産会社をはじめ多種多様な会社と協力関係を結んでおります。
ハワイ州における不動産に関する全般的な業務に限らず、お客様にワンストップショッピングをしていただける会社作りを目指しています。

カイナハレ ハワイ代表、三田の最新ハワイ不動産情報

最新 | メールマガジン『カイナハレ・ハワイわくわく不動産便り』より

皆様、平素より大変お世話になっております。カイナハレ・ハワイ不動産の三田です。

ここ数日、ハワイでは異常気象が続いています。断続的な強い雨と強風、そして朝晩だけでなく日中も上に何か羽織らなければしのげない寒さです。ワイキキを訪れる旅行者の名所の一つだったキングス・ビレッジが幕を閉じました。そこにあった何店かは、別の場所に店を構えましたが、引退を決めた多くの店のオーナーもいたそうです。インターナショナル・マーケットプレイスの近代化に続き小売店が集まるセンターがまた一つ姿を消しました。跡地は間もなく取り壊され、ヒルトンが32階建て191ユニットのタイムシェアタワーを建設します。2022年の初め頃に完成の予定です。2月の第2週はチャイニーズ・ニューイヤーのため市内のあちこちでライオン・ダンス(獅子舞)などが行われ、にぎやかでした。この時期に注目を浴びたニュースの一つは、ハワイ州選出の民主党連邦下院議員が2020年の大統領選挙に出馬の意向を示したことです。その議員はいろいろな意味において異色です。先ずまだ37歳の女性であること。兵役の経験を持っていること。米国議会初のサモア系議員であること。ヒンズー教徒であること。シリアのアサド大統領に面会もしていること。などなどです。これから大統領選挙の予備選挙の時期になると名前が取りざたされるようになるでしょう、彼女の名前はタルシ・ギャバ―ドです。

ニュースレターの続きはこちらから

ニュースレター『カイナハレ・ハワイわくわく不動産便り』

毎月2回、ハワイの最新情報とハワイ不動産ニュースを現地ホノルルよりお届けしています。
『カイナハレ・ハワイわくわく不動産便り』をご希望の方はこちらのフォームをご利用ください。

SUBSCRIBE TO OUR NEWSLETTER

ハワイ不動産ニュースレター
無料購読申し込み・退会フォーム