カイナハレ ハワイのバケーションレンタルをご予約いただきましたお客様へ

いつもカイナハレハワイをご利用頂きありがとうございます。 州知事の指示に従い2020年6月30日まで外出制限を受けています。カイナハレ ハワイでは、5月以降のご予約をいただいているお客様について、ご予約の日付変更を無料で承っております。(2022年6月30日の期間内まで。) 変更日程がまだ決定できない場合は、スケジュール変更のご希望をご連絡下さい。 お問い合わせは reservation@kainahale.com までご連絡ください。 何卒よろしくお願いします。

ハワイに住む夢かなえよう カイナハレハワイ不動産

ハワイ不動産は、JALのマイルがたまるカイナハレ ハワイへどうぞ。コンドミニアム、バケーションレンタル、店舗・投資物件のご購入から管理、バケーションレンタル、コンシェルジェサービスまで、ハワイ州における不動産に関する全般的な業務は、カイナハレ・ハワイに依頼すればワンストップでお任せいただける会社作りを目指しています。

バケーションレンタル | ハワイ不動産 カイナハレ ハワイ

ハワイで暮らすように過ごす、カイナハレ ハワイのバケーションレンタルおすすめ物件リストです。

詳細はこちら
長期賃貸 | ハワイ不動産 カイナハレ ハワイ

長期出張・滞在&ローカルはもちろん、カイナハレ ハワイのハワイ賃貸物件おすすめリストです。

詳細はこちら
カイナハレハワイ オンライン個別相談会のお知らせ

日本時間の週末土曜日午前中のお時間に、各回一組限定のオンライン個別相談会を開催します。

詳細はこちら
ハワイの物件を購入したい方 | ハワイ不動産 カイナハレ ハワイ

ハワイの不動産物件購入は、カイナハレハワイの経験豊富なセールス及びスタッフにお任せください。

詳細はこちら
ハワイの物件を売却したい方 | ハワイ不動産 カイナハレ ハワイ

ハワイ現地にいらっしゃらなくても、物件の売却が出来ます。東京オフィスがお客様を完全サポート。

詳細はこちら
ハワイ不動産物件検索 | ハワイ不動産 カイナハレ ハワイ

ハワイの最新不動産物件を、物件のタイプやエリアなどご希望の条件でリアルタイムで検索しましょう!

使い方のご案内スマートフォン検索
海外不動産担保ローン | ハワイ不動産 カイナハレ ハワイ

カイナハレハワイは、株式会社日本保証が保証する「海外不動産担保ローン」をご紹介しております。

詳細はこちら
不在宅総合管理サービス | ハワイ不動産 カイナハレ ハワイ

オーナー様がいつ来ても快適に別荘をご利用になれるよう不在宅管理をさせていただいております。

詳細はこちら

BUSINESS PARTNERSHIP

Kaina Hale Hawaii Realty, Inc.は、日米の同業不動産会社をはじめ多種多様な会社と協力関係を結んでおります。
ハワイ州における不動産に関する全般的な業務に限らず、お客様にワンストップショッピングをしていただける会社作りを目指しています。

カイナハレ ハワイ代表、三田の最新ハワイ不動産情報

最新 | メールマガジン『カイナハレ・ハワイわくわく不動産便り』より

皆様、平素より大変お世話になっております。カイナハレ・ハワイ不動産の三田です。

 

今年ももう半年を経過し、7月ですね。7月4日の米国独立記念日には例年なら、前日からアラモアナ公園のマジックアイランド内に場所を確保し、当社のお客様達をご招待して夕方にバーベキュー・パーティを開き、夜には目の前に上がる花火を皆で楽しんできました。今年は、残念ながら、その花火大会も中止となってしまいました。

東京でのコロナ感染者数がじわじわと増えているのと同じようにハワイでも6月28日には新規感染者が27名増え、累計899名になりました。その中で、イゲ州知事は6月24日に州外からの旅行者の受け入れについて、8月1日から緩和することを発表しました。内容は、出発の72時間以内にコロナ感染検査を受け、ハワイ到着時に陰性反応を示したことを証明する書類を提示した旅行者には14日間の隔離措置を免除するというものです。

6月27日に州外から旅客機でハワイに到着した人は1930人で、観光客はそのうち25%を占める481人だったと観光局が発表しています。1930人中、683人がハワイ住民、170人が軍関係者、93人がハワイに移住、残りの210人はハワイ経由で別の目的地に向かう旅行者でした。旅行業界では、米国本土からの予約が8月以降にやや増加しているため、一部ホテルの再開もありうるとみているようですが、一気に増える見通しは立てられず、営業の再開を9月まで待つ大型ホテルもあると見込まれています。

日本では、失業率がそれほど高くなっていないとの報道がありますが、おそらく隠れ失業者がたくさんおられるのだろうと思います。ハワイの失業率は2020年5月では22.6%という高率を示しています。14日間の太平洋旅行者に対する隔離義務が解除されるまで失業率は高いままで推移し、今年末まで二桁の失業率が続く可能性があると見られています。2年半前には失業率2.2%と全米で最も低かったハワイ州は、現在ネバダ州に次ぐ2番目に高い失業率になっています。全米平均では5月は13.3%となっています。一方、州内の破産件数は5月の112件は前年同月の144件より22.2%減少しています。これは、コロナ禍救済のために中小企業庁が行った給与保護基金と経済災害ローンが大きく作用していると見られています。ただ、これらの連邦政府の援助がなくなり、コロナの流行が長期化すれば6月以降は失業者だけでなく、破産者も急増すると言われています。

このところ、話題に上っていなかった鉄道プロジェクトですが、延期の情報があります。2025年に全線開通だった予定を撤回し、2026年3月に延期とされました。西カポレイからアロハスタジアム間が今年の末に開通という以前の発表も来年3月末になると修正されました。

ニュースレターの続きはこちらから

ニュースレター『カイナハレ・ハワイわくわく不動産便り』

毎月2回、ハワイの最新情報とハワイ不動産ニュースを現地ホノルルよりお届けしています。
『カイナハレ・ハワイわくわく不動産便り』をご希望の方はこちらのフォームをご利用ください。

SUBSCRIBE TO OUR NEWSLETTER

ハワイ不動産ニュースレター
無料購読申し込み・退会フォーム