カイナハレ ハワイのバケーションレンタルをご予約いただきましたお客様へ

いつもカイナハレハワイをご利用頂きありがとうございます。 イゲ州知事の指示により、ハワイにご到着のお客様の隔離政策を10月末まで延長することが決まりました。カイナハレ ハワイでは、5月以降のご予約をいただいているお客様について、ご予約の日付変更を無料で承っております。(2022年6月30日の期間内まで。) 変更日程がまだ決定できない場合は、スケジュール変更のご希望をご連絡下さい。 お問い合わせは reservation@kainahale.com までご連絡ください。 何卒よろしくお願いします。

ハワイに住む夢かなえよう カイナハレハワイ不動産

ハワイ不動産は、JALのマイルがたまるカイナハレ ハワイへどうぞ。コンドミニアム、バケーションレンタル、店舗・投資物件のご購入から管理、バケーションレンタル、コンシェルジェサービスまで、ハワイ州における不動産に関する全般的な業務は、カイナハレ・ハワイに依頼すればワンストップでお任せいただける会社作りを目指しています。

カイナハレハワイのオンラインサービス

ハワイ不動産の最新情報とハワイのニュースと皆様からのご質問にお答えするトークタイム。次回の質問会は、お客さまからのご要望が一番多かった『ハワイ不動産の購入手続き・購入の流れについて』に決定しました。どうぞご期待ください!開催日時は日本時間9月15日(水)午前11時スタートです。

詳細はこちらダイジェスト版

日本時間の週末土曜日午前中のお時間に、各回一組限定のオンライン個別相談会を開催します。物件の売買、売却、ハワイ赴任・移住などハワイの不動産に関するご相談に個別にお応えします。

詳細はこちら

国内外からご購入のケースも増えています。ご購入まであとワンステップの段階にある方々のために、リモート内覧をさせていだきます。詳細はこちらをご覧ください。

詳細はこちら

カイナハレハワイのおすすめサービス

カイナハレハワイが自信を持ってお勧めする、安心してご購入いただける優良リスティング物件リストです。

詳細はこちら
長期賃貸 | ハワイ不動産 カイナハレ ハワイ

長期出張・滞在&ローカルはもちろん、カイナハレ ハワイのハワイ賃貸物件おすすめリストです。

詳細はこちら
バケーションレンタル | ハワイ不動産 カイナハレ ハワイ

ハワイで暮らすように過ごす、カイナハレ ハワイのバケーションレンタルおすすめ物件リストです。

詳細はこちら
ハワイ不動産物件検索 | ハワイ不動産 カイナハレ ハワイ

ハワイの最新不動産物件を、物件のタイプやエリアなどご希望の条件でリアルタイムで検索しましょう!

使い方のご案内スマートフォン検索
ハワイの物件を購入したい方 | ハワイ不動産 カイナハレ ハワイ

ハワイの不動産物件購入は、カイナハレハワイの経験豊富なセールス及びスタッフにお任せください。

詳細はこちら
ハワイの物件を売却したい方 | ハワイ不動産 カイナハレ ハワイ

ハワイ現地にいらっしゃらなくても、物件の売却が出来ます。東京オフィスがお客様を完全サポート。

詳細はこちら

カイナハレハワイ不動産のYouTubeチャンネルができましたのでお知らせいたします。YouTubeラジオとして音声でも楽しんでいただこうと、マイクの前でお話しさせていただいております。どうぞご視聴ください。

詳細はこちら
不在宅総合管理サービス | ハワイ不動産 カイナハレ ハワイ

家には人が住んでいないと老朽化が加速してしまいます。オーナー様がいつ来ても快適に別荘をご利用になれるよう不在宅管理をさせていただいております。

詳細はこちら
海外不動産担保ローン | ハワイ不動産 カイナハレ ハワイ

カイナハレハワイは、株式会社日本保証が保証する「海外不動産担保ローン」をご紹介しております。

海外不動産担保ローン

BUSINESS PARTNERSHIP

Kaina Hale Hawaii Realty, Inc.は、日米の同業不動産会社をはじめ多種多様な会社と協力関係を結んでおります。
ハワイ州における不動産に関する全般的な業務に限らず、お客様にワンストップショッピングをしていただける会社作りを目指しています。

カイナハレ ハワイ代表、三田の最新ハワイ不動産情報

最新 | メールマガジン『カイナハレ・ハワイわくわく不動産便り』より

皆様、平素より大変お世話になっております。カイナハレ・ハワイ不動産の三田です。

 

(ハワイの話)

コロナ感染の拡大に伴い、「セイフ・アクセス・オアフ」というプログラムがホノルルで9月13日からスタートしました。レストランやバー、映画館などを利用する人が予防ワクチン接種証明書か、陰性証明書の提示を求められるようになりました。このプログラムでは、顧客や利用者のみならず、従業員も同様に予防接種あるいは感染検査が求められています。

この実施期間は9月13日から約60日間で、海外からの渡航者の場合、ワクチン接種証明書の条件は①FDA(米国食品医薬品局)が承認しているワクチンメーカーであること(ファイザー、モデルナまたはジョンソンアンドジョンソンのいずれか)②最終接種日から15日経過していること③公的機関が発行したワクチン証明書であること④接種証明が英語で記載されていること、そして身分証明書の条件は、①氏名と顔写真があるもの②氏名と生年月日があるものとされています。日本のワクチン接種証明でも、これらの条件をクリアしていれば大丈夫ということです。

病院への入院患者数が増えてきており、8月31日には前日より5%多い427人に達し、州内各病院の収容能力が限界に近づいていることが明らかになりました。一部の病院では、収容しきれない患者のために敷地内にテントを仮設したり、州外から看護師や医療スタッフを補充しています。また州内各病院では医療用酸素の供給不足に対応するため米本土からの輸入など、酸素の確保に動いているとのことです。救急車の出動も急増していますが、従来なら1日の出動件数が250件程度でしたが、8月にはそれが400件に増えており、対応が限界に近くなっています。特に西オアフ地区からの緊急救急要請の電話が多いとのことですが、州全体の完全接種率が64%なのに対し、同地区では35-45%とのことです。

コロナ感染拡大で大きく影響を受けてきたホテル業界では、一方では、従業員や宿泊客にもワクチン接種の義務付けを開始したホテルもありますが、その一方で、感染症との闘いで疲労している医療従事者への感謝を示すため、17日から支援プログラムを実施するとのことです。このプログラムは、最前線で働くハワイの医療従事者に州内のホテルで2泊3日の無料宿泊を楽しんでもらうものとのことです。こうしたコロナ蔓延状況から、大学スポーツでの観客受け入れについて、ハワイ大学ではまだ認められておらず、ハワイ大学のスポーツに経済的な打撃となっています。

 

(ハワイの不動産の話)

オアフ島での不動産価格は、このところ継続的な上昇基調にありましたが、この8月に一戸建ての中間価格が遂に100万ドルを突破しました。今年は年初から価格上昇基調が続いていましたので、いずれは100万ドルを超えるだろうと見られていましたが、それが現実のものとなりました。この8月のオアフ島の一戸建て住宅中間価格は前年同月比で25%以上も上回っています。コンドミニアムの中間価格も前年同月比16%増で50万ドルに上昇しました。この価格も一戸建てと並んで市場最高価格となりました。専門家の見方によると、住宅市場は今年異常な様相を呈しているものの、価格バブルが形成されている兆しはなく、むしろ在宅勤務を選び新しい住宅を探す人が増えたことに伴う例外的な需要の拡大が関連しているとのことで、やがて現状が落ち着き、通常の状態に戻る筈としています。また、コンドミニアム市場での需要の増大が一戸建てのような価格の上昇を引き起こさなかった理由として、バケーション・レンタルの規制強化や観光産業の縮小などで売り出された物件が増え、在庫数が需要を満たせる状態にあったことを指摘しています。8月の一戸建て販売件数は、前年の370戸より15%増の425戸、コンドミニアムは409戸より65%増加して675戸を記録しました。

こうした状況の中で、オアフ島以外の不動産市場で、一部の市場では中間価格が前年比で下降したものの全体では好調だったと報告されています。他島では、販売数が比較的少ないため中古物件に加えて新築の販売も統計に含まれているため、中間価格の大幅変動は珍しくありません。

ニュースレターの続きはこちらから

ニュースレター『カイナハレ・ハワイわくわく不動産便り』

毎月2回、ハワイの最新情報とハワイ不動産ニュースを現地ホノルルよりお届けしています。
『カイナハレ・ハワイわくわく不動産便り』をご希望の方はこちらのフォームをご利用ください。

SUBSCRIBE TO OUR NEWSLETTER

ハワイ不動産ニュースレター
無料購読申し込み・退会フォーム