ハワイに住む夢かなえよう カイナハレハワイ不動産

カイナハレ・ハワイという社名は、ハワイ語のKAI(海)とAINA(土地)を合わせたKAINAと、HALE(家)から成り、「KAINA HALE」、すなわち「オーシャンビューの土地の上に建つ家」をイメージしました。業務内容は、不動産の売買から管理、バケーションレンタル、コンシェルジェサービスまで、ハワイ州における不動産に関する全般的な業務。カイナハレ・ハワイに依頼すれば、安心してすべてを任せられる、ワンストップショッピングできる会社作りを目指しています。

ハワイで暮らすように過ごす、カイナハレ ハワイのバケーションレンタルおすすめ物件リストです。

詳細はこちら

長期出張・滞在&ローカルはもちろん、カイナハレ ハワイのハワイ賃貸物件おすすめリストです。

詳細はこちら

ハワイの最新不動産物件を、物件のタイプやエリアなどご希望の条件でリアルタイムで検索しましょう!

使い方のご案内スマートフォン検索

ハワイの不動産物件購入は、カイナハレハワイの経験豊富なセールス及びスタッフにお任せください。

詳細はこちら

ハワイ現地にいらっしゃらなくても、物件の売却が出来ます。東京オフィスがお客様を完全サポート。

詳細はこちら

オーナー様がいつ来ても快適に別荘をご利用になれるよう不在宅管理をさせていただいております。

詳細はこちら

BUSINESS PARTNERSHIP

Kaina Hale Hawaii Realty, Inc.は、日米の同業不動産会社をはじめ多種多様な会社と協力関係を結んでおります。
ハワイ州における不動産に関する全般的な業務に限らず、お客様にワンストップショッピングをしていただける会社作りを目指しています。

カイナハレ ハワイ代表、三田の最新ハワイ不動産情報

最新 | メールマガジン『カイナハレ・ハワイわくわく不動産便り』より

皆様、平素より大変お世話になっております。カイナハレ・ハワイ不動産の三田です。

京屋グループの5つのホテルストライキがまだ続いています。会社側、組合側はいずれも譲歩しないという態度で、11月15日でもう開始から39日となり、最長記録だとのことです。ストが30日を超えると経営側が解雇できるという規定があり、経営側がその権利を行使するかどうかも注目されています。11月6日に投票が行われたハワイ州知事選挙は、予想通り民主党の現職イゲ知事が当選しました。州選出の上院・下院議員選挙も民主党候補が当選しました。オアフ島では、歩行者が交通事故で死亡するケースが激増しているとのことです。その原因として、横断歩道のないところでの横断や、スマホを見ながらの横断が指摘されており、色々な禁止規定ができてきています。2017年10月からモバイル機器に視線を向けながらの道路横断を禁止する条例が発効し、147人が検挙されています。初犯の罰金は15-35ドルです。運転中にモバイル機器を使った違反者が昨年は9616人いました。横断歩道のない場所での横断のことをジェイウオークといいいますが、これでも今年のはじめから10月25日までに4457人が検挙されています。これらの規制は安全を保つためのものです。気を付けましょう。

ニュースレターの続きはこちらから

ニュースレター『カイナハレ・ハワイわくわく不動産便り』

毎月2回、ハワイの最新情報とハワイ不動産ニュースを現地ホノルルよりお届けしています。
『カイナハレ・ハワイわくわく不動産便り』をご希望の方はこちらのフォームをご利用ください。

SUBSCRIBE TO OUR NEWSLETTER

ハワイ不動産ニュースレター
無料購読申し込み・退会フォーム