カイナハレ・ハワイわくわく不動産便りVol.211

カイナハレ・ハワイわくわく不動産便りVol.211

皆様、平素より大変お世話になっております。
カイナハレ・ハワイ不動産の三田です。

 

(ハワイの話)

当社のオフィスはワイキキのほぼ真ん中にあります。2年半前の新型コロナによるロックダウン直後にはワイキキのカラカウア通りがゴーストタウン化していましたが、ヨーロッパに旅行できなかったアメリカ本土の人たちがハワイに来るようになって去年からはワイキキにはアメリカからの旅行者であふれるようになっていました。その間、日本からの旅行者はほとんどハワイに来られず、今年になってPCR検査の規制も緩くなり出してからやっと少しずつ来られるようになってきました。今ではワイキキを歩くと日本からの旅行者にも少しすれ違うようになりました。数字的には、まだ1日平均で1000人に満たない到着数ですが、今月末にはハロウイーンがあり、カラカウア通りは思い思いの仮装をした人たちであふれる光景も見られると思いますので、是非ハワイに戻っていらして下さい。

 

オアフ島の西側に位置するエヴァビーチ地区に人工波のプールができることが話題になっています。これは長谷工ディべロップメントがプロデュースするホアカレイ・リゾートのオーシャンポイント・コミュニティの中心的施設として計画されてきたワイカイ・ウエーブ・サーフパークという商業施設に建設されるもので、サーフィンが可能な人工波のプールや小売店、レストランを備えた施設が来年2月10日に営業開始となる予定とのことです。そこでは、2店のレストラン、コーヒーショップとバー、2か所のイベント用芝生、小売店、遊歩道、砂浜、埠頭、ラグーン用品のレンタル店、海岸線の一部に人工波のプールの建設が予定されており、12人乗りの電動ボートによるラグーンツアーも計画されています。

 

この同じエヴァビーチ地区で、もう一つ話題があります。ハワイ州の運輸局が、エヴァビーチ地区の道路をプラスチックとアスファルトの混合物で舗装するテストを開始したというニュースです。このテストが成功すると、より持続可能な道路と、ごみの削減につながることになることが期待されています。最初のテストで使用される1950トンの混合物は19万5千本のペットボトルに匹敵する分量のプラスチックを埋め立て地から排除できることを意味しています。但し、今回使われているテスト用プラスチックは米本土から送られてきたもので、ハワイのゴミを減らすことにはなっていません。このテストでうまく行けば、その材料を作るのにハワイのプラスチックやゴミを使えるようになる見込みです。この試みではハワイ大学とハワイパシフィック大学の研究者が1年半をかけて道路の状態と、環境への影響を評価することになっています。

 

高架鉄道プロジェクトの話題もご紹介しておきます。ホノルル高速輸送公社(HART)は、10月10日に鉄道建設のためのディリングハム通り沿いの上下水道、電気などの公益事業施設の移動の予定を早め、今年の終わりに開始すると発表しました。工事は8月下旬に公益事業インフラ移転を4億9630万ドルで落札したナン社が請け負います。東カポレイからカカアコまで運行される鉄道建設は、2031年に完成する予定で、連邦交通局は、9月に資金の制約により路線を約1.25マイル短縮するHARTの計画を承認しています。この地区での公益業施設の移動は、鉄道建設工事の中で最も困難で重要な段階の一つになっているとのことです。これは「マウカ・シフト」と呼ばれており、鉄道路線をディリンガム通りのマウカ(山側)に移動させることで公益事業施設の移動量を減らすコスト削減策となります。ナン社の工事には、雨水排水管、下水管、水道管、ガス管、電線・電柱、通信回線などのインフラの移動が含まれ、道路の改善も含まれるとのことです。工事が始まると、昼夜問わず複数個所の工事現場で同時に作業が進行することになります。

 

その高架鉄道の東側終着駅’は、当初計画ではアラモアナセンターだったのですが、その1.25マイル手前が終着になるように変更されています。その終着点となる予定のカカアコ地区のサウス通りとケアヴェ通りを挟むところにあるハレカウイラ通りは、鉄道が開通すると、終点・始発点となるシビックセンター駅がそこにでき、鉄道とバスの中継地点になります。この予定終着駅で、どのような形の駅ができ、そこからどこ行きのバスが何時台にどのくらい発着するか、利用者数の予測を含めて、どのように決まって行くかが注目されています。

 

ハワイ島に二つある4千メートル級の山のうちマウナケア山は世界でも有数な天文観測地点として有名ですが、もう一つのマウナロア山の方で、山頂の地震活動がここ数週週刊活発になっているため、10月5日に奥地への立ち入りが禁止されました。今年の6月には、1日に5-10回、7月と8月は10-20回だったものが9月下旬の2日間には100回以上の地震が報告されているそうです。科学者によると、マウナロアが噴火すると。動きの速い溶岩が大量に発生し、島の両側のコミュニティに流れ込む傾向があるとのことです。ハワイ火山観測所では、山麓の住民に、避難勧告に備えて、必需品や出生証明書、各種証明、薬などの重要書類を入れた「ゴーバッグ」を作るように呼び掛けているそうです。

 

(ハワイの不動産の話)

先ず、私たちに一番身近なグッドニュースからご報告します。短期賃貸つまりバケーション・レンタルの規制条例ができ、10月23日から施行されることになっていましたが、当社を含む反対同盟がホノルル市に訴訟を起こしていましたところ、その規制の一つであるレジデンシャルエリア(リゾートエリア外)での最短宿泊可能数を30泊から90泊に変更することを10月23日の6ヵ月後、つまり来年4月23日から実行するという内容について、裁判所が10月14日に「90日への変更仮差し止め命令」を出しました。これにより、新たに裁判所からの指示が出るまでは、過去に行ってきた通り最短30日でのバケーションレンタルを続けていくことができるようになりました。

 

ホノルルに本社を置くコバヤシ・グループは、モイリイリ地区のイオラニ・スクールとカイムキ・ハイスクールの間にある3.2エーカーの土地に6億1900万ドルを投じて高層ビル1棟と中層ビル2棟からなる1005戸の中所得者向けコンドミニアムの建設を計画しています。その建設用地には現在1960年代に建てられた141戸が入る低層の賃貸アパートがあります。同グループは、同地区の高さ制限が150フィートであるのに対し、高さ400フィートの43階建てのビルを建設するために許可を市に求めています。このプロジェクトは「クイレイ・プレイス」と呼ばれ、カピオラニ通りに面した12階建てのビルと13階建ての駐車ビルがあり、43階建てのコンドと合わせると、敷地内の建築密度は規定の4.5倍になるとのことです。必要なすべての承認が得られれば、2023年に建設を開始し、26年半ばには、完成を予定しているとのことです。

 

オアフ島の9月の中古住宅販売数値が発表されています。9月の販売数は、住宅ローン金利の急上昇、そして物価の上昇、更に景気後退の懸念が高まっているため、今年に入り最大の落ち込みになりました。ホノルル不動産協会の発表によると、9月の一戸建て住宅の販売数は、前年同月の424戸を34%下回る278戸にとどまりました。売出から成約に至るまでの日数も長くなっていますし、売出価格以上ののオファー件数も減少傾向にあって、1年前とは異なる状況になっています。コンドミニアムの販売数では、前年同月の615戸に比べ19%減の496戸でした。一戸建て、コンドミニアムのどちらも6月7月8月と対前年同月比で販売数の減少を記録しました。販売価格の中央値はまだ下がってはいない状況です。この金利の上昇ですが、1年前には3%だったものが今は6.7%まで上昇して15年ぶりの高水準になっています。

———————————————

第21回 カイナハレ ハワイ不動産 最新ニュース & 質問会
建築中とこれから建設予定の最新コンドミニアム特集』を予定しています。

(開催日時)
日本時間:2022年11月19日(土) 10:00 AM~11:00 AM
ハワイ時間:2022年11月18日(金) 03:00 PM~04:00 PM

詳細・お申し込みは近日こちらで公開致します!
https://www.kainahale.com/questions/

———————————————

カイナハレハワイ 厳選物件リスト

 

★おススメ戸建て
756 モクルア ドライブ
価格: US$ 5,750,000.00 日本円:JP¥ 855,586,200
JALのマイル:287,500マイル
高い天井と窓、エジプト産ライムストーンの床、広々としたグルメキッチンにはヨーロッパ風の設備が備えた、ラニカイのオーシャンフロントの家。
https://search.kainahale.com/Home/Special?mlsnumbers=202221051

 

★おススメコンドミニアム
ヴィラ・イートンスクエア # 2511
価格: US$ 490,000.00 日本円:JP¥ 72,910,824
JALのマイル:24,500マイル
アラモアナSC、ハワイコンベンションセンターの近く、ワイキキの閑静なエリアにあるコンドミニアム 、イートンスクエアの1ベッドルーム。
https://search.kainahale.com/Home/Special?mlsnumbers=202220655

 

★おすすめバケーションレンタル
ワイキキ・バニヤン #3502 T1
リピーターが多い人気のコンドミニアムです。立地もとてもよく、買い物、お食事、アクティビティーなどが徒歩圏内に沢山あります。お子様からご年配のかたまで家族みなさまで楽しんでいただける物件です。
お部屋タイプ:1BR/1BA
追加説明:フルサイズベッド2台+ソファベッド。
お家賃:ローシーズン$157〜
最低宿泊日数:3泊~
https://www.kainahale.com/property/waikiki-banyan-3502-t1/
★おすすめ長期賃貸
イン・オン・ザ・パーク#2006
目の前が公園、イン・オン・ザ・パークの20階ひろびろStudio 320SQFT! ラナイからはダイヤモンドヘッドと公園が望め、花火もお楽しみいただけます!11月より入居可。
最低契約日数:1年 お家賃:US$1,362/月
その他:上下水道、TV、インターネット込み、電気代別
https://www.kainahale.com/property/inn-on-the-park-2006/
———————————————

カイナハレ・ハワイはワイキキの中心、便利なDFSワイキキ ギャラリアタワー10階にございます。旅行の合間にお立ち寄りいただき、ハワイ不動産をご案内させていただくことができます。ハワイにお越しの方で、ハワイ不動産の内見にご興味のおありの方は、お気軽にご連絡ください。本情報について、あるいはいかなることでもご質問があればお問い合わせ下さい。今後、このメールの受信を希望しない方はお手数をおかけいたしますが以下をクリックし、お問い合わせフォームよりメールの配信停止を選択の上、送信をお願いいたします。

無料購読申し込み・退会フォーム

———————————————

Hideo Mita (R) 三田 英郎
President & Principal Broker
Kaina Hale Hawaii Realty, Inc.
2222 Kalakaua Avenue, Suite 1001, Honolulu, Hawaii 96815
Tel:(808) 397-5280 Fax:(808) 664-8700 Cell:(808) 286-2834
Email: hmita@kainahale.com
Website: https://www.kainahale.com
Blog: https://ameblo.jp/kainahale
Facebook: www.facebook.com/kainahale