カイナハレ・ハワイわくわく不動産便りVol.215

カイナハレ・ハワイわくわく不動産便りVol.215

皆様、平素より大変お世話になっております。
カイナハレ・ハワイ不動産の三田です。

(ハワイの話)

50周年を迎えたホノルル・マラソンが12月11日(毎年12月の第二日曜日に開催)に行われました。ニューヨーク、シカゴ、ボストンに次いで全米で4番目に大きなこのマラソン大会に、今年はフルマラソンに21,000人、10キロウオークに6,100人の参加がありました。2021年のホノルルマラソンでは、約13,000人が申し込み(ほとんどがハワイ居住者)、約9千人が完走しました。コロナ前の2019年の参加者は約3万3千人で、日本からも約1万7千人が参加していました。日本からの参加者は、2021年には400人のエントリーがあり、そのうち実際に参加したのは125人でしたが、今年は約5,200人のエントリーがあったとのことです。当社のスタッフもフルマラソンに4名が、そして10キロウオークに1名が参加し、完走しました。

 

ホノルルマラソンと並び、12月前半には毎年記憶を呼び起こさせるイベントがもう一つあります。毎年記念式典も開かれるこのイベントは、12月7日に行われます。そう、81年前の真珠湾攻撃の日を記念するものです。日本では12月8日ですが、時差があり、ハワイでは12月7日にあたります。毎年パールハーバーでは、式典が行われ、夕方にはワイキキでパレードが行われます。当時の攻撃で米国海軍の軍人は2,390人が亡くなったのですが、当時の生存者が毎年の式典に参加してきました。ただ、毎年人数が少なくなり、今年は6人のみの参加だったとのことです。今年の12月8日には、日米共催で追悼式典も行われました。

 

ハワイ島の世界最大級の火山「マウナロア」ともう一つの火山「キラウエア」の噴火が溶岩の流れの方向や、噴火が見せる綺麗な天然のショーなどが話題になっていました。この二つの火山が見せる大自然の驚異的パワーが訪れる人たちを魅了していたのですが、ハワイ火山観測所の科学者たちが、13日に噴火が終息したと発表しました。両火山での溶岩や火山ガスの噴出、地震の発生が停止したか、ごくわずかな量に減少したとのことです。一つ、面白い情報があります。ハワイ島は、ハリケーンや津波でハワイでは真っ先に影響を受ける地域であり、濃霧や地震そして今回のような火山の噴火という色々な脅威にさらされている地域であるにもかかわらず、手頃な価格の地域であることから住宅の購入が増えているそうです。ハワイ州外からの購入者が多いとのことですが、同地域の住宅購入者はリスクよりもハワイ島の美しさに魅了されているとのことで、環境も良いハワイ島に真冬の米本土から来る人にとっては、目先で起こっていない危険は問題でなく、小さなギャンブルにすぎないようです。

 

12月5日にハワイ州第9代としてジョシュ・グリーン知事とシルビア・ルーク副知事が就任しました。これにより、デービッド・イゲ知事は、2期8年間の任期を終えました。グリーン知事は、いくつかの課題に取り組む姿勢を示しましたが、特に不足を長い間指摘されてきている手頃な価格の住宅建設を進めることを表明しました。同知事は、就任直後に、新アロハ・スタジアム・エンターテインメント地区開発を官民提携で行い、建設期間をこれまでの計画より1年短縮する意向を明らかにしました。この計画では、多目的の不動産開発を中心に新しいスタジアムを建設することになっており、グリーン知事は、開発手続きを合理化し、手頃な価格の住宅建設に焦点を当て、スタジアムと周辺の開発を進めたいと語っています。

 

11月30日で2022年のハリケーンシーズンが終了しました。半年前のシーズン開始以来、ハワイに到達した熱帯性低気圧は1個だけで、中部太平洋ハリケーンセンターによると、それは「ダービー」だったとのことです。7月14日に中部太平洋海域に入ったときにはカテゴリー2のハリケーンだった「ダービー」は翌日には熱帯低気圧に弱まり、17日にはハワイの南方で消滅しました。ハリケーンシーズンが終了した一方で、ノースショアでの大波のシーズンが到来しています。12月1日の午後、ノースショアの海では北西のうねりが出始め、多くのサーファーがビッグウエーブに集まりました。この時を待っていてワイメア湾に集まったサーファーたちは約千人にのぼったそうです。

 

ハワイ最後の王女であるカワナナコアさんが死去しました。ハワイ王族の末裔のアビゲイル・キノイキ・ケカウリケ・カワナナコアさんが12月11日ハワイの自宅で亡くなられました。96歳、自然死で健康状態が悪化していたそうです。1926年、ホノルル生まれ。幼い頃にカワナナコア王子の妃だった母方の祖母の養子に迎えられ、貴族文化の中で育てられました。正式な称号はもたなかったものの、米国併合前のハワイ王朝時代を今に伝える象徴的な存在で、ハワイ先住民の文化と経済への支援に力を入れていました。その意味からホノルル高架鉄道建設に反対し、マウナケア山頂に計画されている30メートル望遠鏡の建設にも反対していたとのことです。

 

 

(ハワイの不動産の話)

住宅ローン金利の上昇による需要の落ち込みで、オアフ島の11月の住宅販売件数は大幅に減少しました。11月の一戸建て住宅の販売数は192戸で、前年同月の371戸と比較して48.2%と大幅に減少しました。コンドミニアムも340戸にとどまり、前年同月の601戸より43.4%の減少となりました。一戸建て住宅の販売は、過去3年で最低の水準となり、コンドミニアムは2020年6月の312件についで低い数値となりました。また一戸建て、コンドミニアムともに市場に出ていた期間の中間値は18日で前年同月より2倍近く長くなっています。市場に出ている新規物件が徐々に増えており、また物件が市場に滞留する期間が長くなっていることから競争力を保つために価格調整を図る売手が増えつつある状況となっています。住宅ローン金利の上昇によって販売件数と販売ペースは鈍化してはいますが、売買契約は連日成立してもいます。11月の一戸建て住宅価格の中間値は、114万9500ドルで16ヵ月連続で100万ドルの大台を超えており、前年同月の105万ドルと比べて’9.5%上昇しました。コンドミニアムの方は、48万ドルで、前年同月の50万ドルより4%低下しました。10月の52万ドルと比べると7.7%の低下です。この11月の中間価格は2021年9月の47万8000ドル以来の最低水準となりました。

 

ワイキキにある315室のクイーン・カピオラ二・ホテルが、日本のファイナンシャル・プロダクツ・グループ(FPG)に買収されたことが明らかになりました。同ホテルは1960年代に建設され、2018年に3500万ドルを投じて改装されています。今回の購入価格は明らかにされていません。日本からのハワイ訪問者数はコロナ以前に比べるとまだ20%程度の回復ではありますが、今後回復する予兆も出ており、良いタイミングと考えての買収ということのようです。FPG社は今回のクイーン・カピオラ二・ホテルの買収は、5月にニューヨーク州エルムズフォードの大規模複合住宅を買収したのに続き、同社の2件目の主要海外投資になるとのことです。

 

当社の11月の「ハワイ不動産最新ニュース&質問会」の特集でもご案内した高級タワー「レジデンス・アット・マンダリン・オリエンタル・ホノルル」の建設スタートが新聞にも取り上げられました。ハワイコンベンションセンターの向かいに建設される超高級タワーは、6億5千万ドルで建設されますが、新型コロナパンデミックの影響で当初計画より3年遅れました。この計画では、99戸の居住用コンドミニアムと125室のホテルから成る37階建てのタワーとなります。来年3月から建設を開始し、2025年の完成を目指すとしています。コンドミニアムの販売は今年の’3月からスタートしていますが、価格は360万ドルから2130万ドルとされています。これでアラモアナ・センター周辺に開発されるコンドミニアムがほぼ出そろうことになります。

 

———————————————

★★★ 第22回 カイナハレ ハワイ不動産 最新ニュース & 質問会の動画を公開中! ★★★
先日開催しました第22回 カイナハレ ハワイ不動産 最新ニュース & 質問会『カイナハレが選ぶ2022年5大ニュース』『実例ハワイ移住者インタビュー3』特集!のフルムービーを公開いたしました。今回もお客様からのご要望の多かった『ハワイ移住者インタビュー』について特集させていただきました。ハワイで不動産や起業+移住にご興味をお持ちの方はもちろん、ハワイ好きの全てのみなさま、ぜひご覧ください。

 

動画はこちらからご覧ください。
https://www.kainahale.com/questions#22

———————————————

カイナハレハワイ 厳選物件リスト

 

★おススメ戸建て
7096 カラニナオレ ハイウェイ
価格: US$ 4,680,000.00 日本円:JP¥ 632,444,904
JALのマイル:234,000マイル
ボートドックに簡単にアクセスできる6ベッド/ 4.5バスで構成された、ハワイカイのマリーナフロントホーム。
https://search.kainahale.com/Home/Special?mlsnumbers=202224305

 

★おススメコンドミニアム
イリカイアパートビルディング # 1410
価格: US$ 1,700,000.00 日本円:JP¥ 229,734,260
JALのマイル:85,000マイル
最高の立地に立つイリカイマリーナ。この部屋から見えるオーシャンとマリーナの絶景は、何にも増して希少な物件!
https://search.kainahale.com/Home/Special?mlsnumbers=202225584

 

★おすすめバケーションレンタル
ワイキキ・バニヤン #1713 (タワー1)
クヒオ通り沿いのダイヤモンドヘッド寄りのワイキキの東側に立地しておりビーチや動物園、カピオラニ公園へ徒歩5分。バス停やトロリー乗り場ももすぐそばです! お部屋は角部屋ならでは、キッチンとリビングが仕切られており、広々とした空間をお過ごし頂けます。
お部屋タイプ:1BR/1BA 最低宿泊日数:3泊~
ツインサイズベッド2台、ソファベッド1台。レギュラーシーズン:$139~
https://www.kainahale.com/property/waikiki-banyan-1713-t1/

 

★おすすめ長期賃貸
ワイホヌア #3402
高層階の豪華な2ベッド2バスで、オーシャンビューです。窓は床から天井まであります。マスターベッドルームにはウォークインクローゼットがあります。リビングルームはフローリングで、ベッドルームはカーペットです。広さは1016SQFTございます。
2ベッドルーム (2BR/2BA) 1016sqft(94.39m2)
最低契約日数:1年 お家賃:US$4,500+税金/月
上下水道、駐車場、倉庫、TV、インターネット込み、電気代別
https://www.kainahale.com/property/waihonua-3402/

 

———————————————

カイナハレ・ハワイはワイキキの中心、便利なDFSワイキキ ギャラリアタワー10階にございます。旅行の合間にお立ち寄りいただき、ハワイ不動産をご案内させていただくことができます。ハワイにお越しの方で、ハワイ不動産の内見にご興味のおありの方は、お気軽にご連絡ください。本情報について、あるいはいかなることでもご質問があればお問い合わせ下さい。今後、このメールの受信を希望しない方はお手数をおかけいたしますが以下をクリックし、お問い合わせフォームよりメールの配信停止を選択の上、送信をお願いいたします。
https://www.kainahale.com/subscribe/

———————————————

Hideo Mita (R) 三田 英郎
President & Principal Broker
Kaina Hale Hawaii Realty, Inc.
2222 Kalakaua Avenue, Suite 1001, Honolulu, Hawaii 96815
Tel:(808) 397-5280 Fax:(808) 664-8700 Cell:(808) 286-2834
Email: hmita@kainahale.com
Website: https://www.kainahale.com
Blog: https://ameblo.jp/kainahale
Facebook: www.facebook.com/kainahale