カイナハレ・ハワイわくわく不動産便りVol.169

カイナハレ・ハワイわくわく不動産便りVol.169

皆様、平素より大変お世話になっております。カイナハレ・ハワイ不動産の三田です。

(ご挨拶)
2020年を顧みますと、ハワイ州としては経済が壊滅的な打撃を受けました。前年の2019年には来訪ビジター数史上最多の1040万人を記録したのですが、2020年全体のビジター数は270万人程度にとどまる見通しです。前年比約26%にあたりますが、これも1月ー3月の緊急事態宣言前と、10月中旬以降の隔離措置緩和後のビジター数の合計がほとんどですので、4月から10月の7ヶ月間にいかに来訪者がいなかったかがよくわかります。

ハワイの観光産業は4月に底をついたあと、わずかながら回復していますが、年間収入が大幅に低下したことで、他の経済分野の足を引っ張る形になっています。ホテル産業では、現在州内ホテルの75%が営業再開をしていますが、客室稼働率は期待をはるかに下回っています。ホテル従業員8千人が加入している労働組合によれば職場に復帰した組合員は25%程度にすぎないとのことです。観光産業以外の分野でも、雇用率が前年比約10%の減少とのことです。このような状況で、経済の回復への期待がなかなか高まらない中、ハワイから米国本土に移る州民が増えているそうです。国勢調査局の調査によると、2020年に約8600人が州外に移転しているという報告があるとのことです。

世界中が驚いたトランプ大統領支持者による米国連邦議会議事堂占拠事件を受けて、今月20日のバイデン大統領就任式にトランプ支持者による暴力的な抗議運動を展開する動きがあることが指摘されていますが、ここハワイ州でも同様の騒乱に備えています。ハワイ州政府は、ハワイ・ナショナルガード(州兵)の出動要請も視野に入れています。

新型コロナ関連では、クイーンズ病院で集団感染39人というニュースが出ていますが、今ハワイで最も注目されているのがワクチン接種の状況です。いよいよ一般市民向けのワクチン接種が1月18日から開始されます。ハワイ州とハワイ・パシフィック・ヘルス(HPH:カピオラ二婦人・小児病院、ストラウブ病院、パリ・モミ病院、ウイルコックス・ヘルスの親会社で、今回の接種場を運営する)が協力してオアフ島のクルーズ船用のピア2(2番埠頭)に開設される集団接種場で接種が開始されます。また、クイーンズ病院もニール・ブレイスデル・センターに接種クリニックを設置してワクチン接種を開始する予定とのことです。州政府は、全力をあげて取り組んでおり、7月4日(独立記念日)までに州民のすべてが接種を受け、正常な生活に戻れる筈という目算をしています。

ホノルル市の市長選挙で勝利したリック・ブランジアーディ氏(74才)が1月2日の宣誓式で新市長に就任しました。同時にホノルル市議会選挙で当選した5議員の就任宣誓式も行われました。市議会は現役の4名に新任の5名を加えた9名の議員で構成されますが、ホノルル史上初めて、過半数が女性となりました。ブランジアーディ新政権は、新型コロナウイルスの感染拡大への対策や、問題連続の高架鉄道建設という困難な取り組みを引き継いでスタートしました。東カポレイからアラモアナまで全長22マイルの高架鉄道の建設は、最後の区間となる約4マイルの工事で多くの問題に直面しており、工期の大幅延期必至と見られています。

その他のニュースでは、アロハスタジアムでのスワップミート再開、ハワイアン・ホースト(従業員460人)売却、1月から有害日焼け止めの販売禁止(サンゴ保護の目的)、オハナ航空(ホノルルーモロカイ、ホノルルーラナイ)運行廃止などがありました。

(ハワイの不動産の話)
オアフ島の2020年を終えた不動産マーケットを見ると、12月には、前年同月比で、一戸建て住宅の販売戸数が35.9%アップ、そしてコンドミニアムの販売戸数は20.1%アップしました。新規売出リスティングも戸建て・コンドミニアムそれぞれ15.3%、3.6%アップでした。中間価格はどうだったかというと、一戸建ては$870,000で6.1%アップ、コンドミニアムは$455,000で6.9%アップとなりました。2020年の新型コロナ感染拡大を受けて、3月中旬以降にはパンデミックが起こり、ステイ・アット・ホームや失業率増加、健康不安などに支配された第二四半期(4-6月)には前年同期比で一戸建てが17.3%ダウン、コンドミニアムが38.1%ダウンを記録しました。

エッセンシャル・ビジネスと見做された不動産産業は、安全ガイドラインに沿ったオープンハウスのやり方などで、第3四半期(7-9月)一戸建ては4.0%のアップ、コンドミニアムは13.4%のダウンというところまで回復しました。そこから年末に向けては、住宅ローンの金利が新記録の低下となり、買い需要が膨らみ、年間通しての販売戸数は一戸建てで前年同期比で2.3%アップとなりました。但し、コンドミニアムの方は13.0%のダウンという結果になりました。住宅ローン金利の低下と、マーケットでの在庫の縮小という二つの要素に助けられ、一戸建ての中間価格は5.2%アップの$830,000となりました。コンドミニアムは2.4%アップの$435,000になりました。新規リスティングの数は前年と比べると一戸建てが17.7%減、コンドミニアムが14.4%減でした。

2020年の第4四半期(10-12月)には売出価格より高い金額で成約した取引が多かったのが一つの特徴でした、一戸建てでは、同時期全体の45%がそれにあたります(前年には19.0%でした)。コンドミニアムについても一戸建てほどではないにしても、売り出し価格以上の成約が22.3%ありました(前年には12.1%)。一戸建ての売買取引件数で目を引いたのは、特にKailua, North Shore, Ewa Plain地区でした。KailuaとEwa Plain地区ではコンドミニアムの大きな販売増も見られました。一戸建ての在庫が少なかったことから、コンドミニアムで部屋数の多い物件が求められ、4ベッドルーム以上のコンドミニアムは前年の60から79に31.7%のアップを記録しました。

ハワイでもコロナ禍で外出自粛要請によりテレワーク化が一気に進み、庭付きや部屋数の多い家など、快適な自宅環境の構築を求めて住宅を購入する人が増えたことも好調の理由の一つと思われます。テレワークが進めば、どこででも仕事ができるということで、それなら生活環境の素晴らしいハワイに住んでという考えの方が増えています。

(当社の新規発売戸建て物件)
11月1日付けで当社からゲート・コミュニティ内のブラック・ポイントにあるオーシャンフロントのゴージャス戸建て物件がマーケットに出されました。おススメ戸建てに載せていますので、是非ご覧ください。ご購入ご希望の方はお知らせください。またお知り合いの方でこのような物件にご興味おありの方がいらっしゃれば、是非お勧めをお願い致します。

●4131 ブラックポイントプレイス
https://search.kainahale.com/Home/Special?mlsnumbers=202027922

———————————————
カイナハレハワイ 厳選物件リスト

★おススメ戸建て物件
91-1030 ワヒノホストリート
価格: US$ 825,000.00 日本円:JP¥ 85,670,302
JALのマイル:40,000マイル
イワラニのコミュニティ、美しい自然光をもたらす20フィートの天井を誇る物件。
https://search.kainahale.com/Home/Special?mlsnumbers=202100719

★おススメコンドミニアム
ラニケアアットワイキキ #704
価格: US$ 752,000.00 日本円:JP¥ 78,089,778
JALのマイル:20,000マイル
リッツ・カールトンがあるワイキキの閑静なエリアにあるラニケアアットワイキキ。
各フロアには4部屋しかない、プライバシーが保たれている希少物件。
https://search.kainahale.com/Home/Special?mlsnumbers=202100607

★おすすめバケーションレンタル
イリカイ アパートメント #1410
ローシーズン $299/1泊〜 最低宿泊日数:3泊~
14階の角部屋に位置する2ベッドルーム2バスルームのお部屋です。
https://www.kainahale.com/property/ilikai-apartment-1410/

アルーアワイキキ #1610
レギュラーシーズン:月額$4,650〜 
ワイキキなどが徒歩圏内にある、人気高級コンドミニアムです。
https://www.kainahale.com/property/allure-waikiki-1610/

★おすすめ長期賃貸
パークレーン #1500 即入居可
1ベッドルーム (1BR/1BA) お家賃:US$6,500+税金/月
風格のパークレーンでも一番広いワンベッドルームです。小部屋もございます。
https://www.kainahale.com/property/park-lane-1500/

———————————————

カイナハレ・ハワイはワイキキの中心、便利なDFSワイキキ ギャラリアタワー10階にございます。旅行の合間にお立ち寄りいただき、ハワイ不動産をご案内させていただくことができます。ハワイにお越しの方で、ハワイ不動産の内見にご興味のおありの方は、お気軽にご連絡ください。本情報について、あるいはいかなることでもご質問があればお問い合わせ下さい。今後、このメールの受信を希望しない方はお手数をおかけいたしますが以下をクリックし、お問い合わせフォームよりメールの配信停止を選択の上、送信をお願いいたします。

———————————————
Hideo Mita (R) 三田 英郎
President & Principal Broker
Kaina Hale Hawaii Realty, Inc.
2222 Kalakaua Avenue, Suite 1001, Honolulu, Hawaii 96815
Tel:(808) 397-5280 Fax:(808) 664-8700 Cell:(808) 286-2834
Email: hmita@kainahale.com
Website: https://www.kainahale.com
Blog: https://ameblo.jp/kainahale
Facebook: www.facebook.com/kainahale