カイナハレ・ハワイわくわく不動産便りVol.212

カイナハレ・ハワイわくわく不動産便りVol.212

皆様、平素より大変お世話になっております。
カイナハレ・ハワイ不動産の三田です。

 

(ハワイの話)

10月31日にいよいよハロウイーンの日を迎えました。韓国での大惨事が報道され、日本の渋谷でも厳重な警戒態勢が敷かれたようですが、ハワイではこの日のカラカウア通りの賑わいが戻ってくるのでしょうか。10月後半のハワイへの来訪者数は、1日平均約26,000人ほどで、日本からは930人ほどでした。

 

コロナの話題では、新亜種がハワイに上陸しました。BQ・1とBQ・1・1という2種の変異株で、ヨーロッパでの増加に続いて、アメリカ本土全域で急速に拡大しているそうです。予防接種や過去の感染による免疫を回避する能力が高まっているだけでなく、既存の治療法を回避する能力もあるということで医療専門家は懸念しているとのことです。さらにシンガポールで患者数を増加させているXBBという別の免疫侵襲型変異株から分かれたXBB・1も検出されたことが確認されています。この3種類ともオミクロン系に属し、ハワイ州内で流行しているウイルスのうち2%強程度とのことです。

 

オアフ島の高架鉄道プロジェクトでのディリンハム通りのカリヒとイヴィレイ間で。これから3年かかりとなる高架鉄道建設工事が11月に開始されます。工事は道路車線の2分の1を通行止めとし、24時間体制で行われます。4億9600万ドルをかけたこのプロジェクトは、鉄道のガイドウエイ(高架線路)設置のために地下に公共インフラを移設するもので、感謝祭の4日後である11月28日からスタートします。工事が行われる区間には、ホノルル・コミュニティ・カレッジ、カパラマ市役所出張所、運転免許センター、コスコ、コスコ・ガソリンスタンド、カリヒカイ小学校、カパラマ・ショッピングセンター、シティスクエア・ショッピングセンター、ワイアカミロ・ショッピングセンター、オアフコミュニティ更生センターなどがあり、何千人もの人たちがこのエリアで就労しています。

 

オアフ島の電気料金がやや下がったというニュースがあります。10月の電力1キロワット/時当たりの価格が、原油価格の下落や再生可能エネルギーの供給見通しが良好なことからオアフ島とハワイ島ですこしずつ低下しました。オアフ島では電気料金が1.4%低下したとのことです。インフレが全体的に高止まりする中でガソリンや中古車など他の価格が最近下落していることと合わせて、電気料金の低下はささやかな救いとなっています。ハワイ州では、電力生産のエネルギーに船舶運輸による石油への依存度が高いため、米国本土の他州に比べて電気代が高いのですが、今春から、州内需要の高止まりと、ロシアのウクライナ侵攻を主な要因とする世界的な市場混乱を受けて石油価格が上昇したことで、電気料金は急騰していました。

 

コロナ流行中にホームレスが急増することが予想されていましたが、ハワイ州のホームレス・コーディネーターは、州の資金援助とサービス提供者の働きによって回避されたことを明らかにしました。同コーディネーターによれば、ハワイでは2015年以降、ホームレス世帯が60%近く減少していると述べました。2020年3月の新型コロナウイルスの大流行で多くの失業者が家を失うという懸念が拡がっていたものの、デービッド・イゲ知事は同年4月、家族を救済するために、家賃滞納者を立ち退かせることを禁止する緊急対策を発令しました。2021年8月に禁止令を解除し、家主、賃借人、不動産所有者が調停を通じて協力し、住宅ローンの貸し手にも集団立ち退きを防ぐよう奨励しました。これらの措置により、急増するだろうと言われていたホームレスが増えずにいるという好結果を生みました。

 

ハワイとイスラエルが10月19日に歴史的な協定を結びました。これによって、ハワイは、海水淡水化、「希薄な空気」から「水」を作り出す技術、サイバーセキュリティ、人工知能などの分野でイスラエルから学び、イスラエルは、死海、ガリラヤ湖、紅海の海岸環境を保護する技術と、その他の自然生息・生育地の保護法をハワイから学ぶことになります。ロサンゼルスにあるイスラエル総領事館のヒレル・ニューマン総領事とデービッド・イゲ知事が署名した覚書では、水、農業、食糧安全保障、気候変動、海面上昇、海洋科学、代替エネルギーなど共通の関心事をもつ幅広い分野での共同研究を求めています。ハワイ大学は、既に米国・イスラエル2国間科学財団を通じて研究助成金を受け取っています。

 

(ハワイの不動産の話)

バケーションレンタル規制法令が可決され。10月23日にその施行日を迎えました。決定された概要は、リゾートエリア外のレジデンシャルエリアで行う短期賃貸は最短30日から90日とすること。そしてリゾートエリア内では最短1日から賃貸可能だが、それを行うには市に登録する義務があり、登録料を1000ドル支払うことが義務付けられ、違反すると1日当たり1万ドルの罰金というものでした。そのうち、レジデンシャルエリアでの最短短期賃貸を30日から90日に引き上げることについては、反対同盟の反対訴訟を受けて裁判所が10月13日に執行停止仮処分命令を出していました。これにより公には新たな命令が出されるまでは、従来通り最短30日での短期賃貸を継続できるようになっています。一方、リゾートエリアでの登録につき、ホノルル市長は10月24日に市が運営する登録ウエッブサイトに登録する必要があることを表明しました。ホノルル市長は、市の担当局であるDPPでは80人の人員不足があるが、7人のフルタイムの検査官を新しい規制の意取り締まりに専念させると言っており、必要に応じて更に人員を追加配置する予定とのことです。

 

———————————————

★★★ 最新ホテル レジデンス、マンダリン オリエンタル ホノルル特集 ★★★
●第21回 カイナハレ ハワイ不動産 最新ニュース & 質問会のおしらせ

 

アラモアナエリアに世界に誇るホテルブランド「マンダリン オリエンタル」が贈るホテルブランデッドレジデンス、「ザ レジデンス アット マンダリン オリエンタル ホノルル」がアラモアナコンベンションセンターの隣に誕生します。第21回 カイナハレ ハワイ不動産 最新ニュース & 質問会では、マンダリン オリエンタル,ホノルルの担当者にご出演していただき、総室数224のうちレジデンスはわずか99室というプレミアムな「ザ レジデンス アット マンダリン オリエンタル,ホノルル」の魅力に迫ります。

 

●開催日時
日本時間:2022年11月19日(土) 10:00 AM~11:00 AM
ハワイ時間:2022年11月18日(金) 03:00 PM~04:00 PM

お申し込みと詳細はこちらをご覧ください。
https://www.kainahale.com/questions/

———————————————

カイナハレハワイ 厳選物件リスト

 

★おススメ戸建て
4347 パホアアベニュー
価格: US$ 4,280,000.00 日本円:JP¥ 635,585,564
JALのマイル:214,000マイル
6,000sqftを超える5つの広々としたベッドルームと天井の高い6番目のベッドルーム、ゲームルーム、和室、イートインキッチンを持つカハラ の豪邸。
https://search.kainahale.com/Home/Special?mlsnumbers=202221944

 

★おススメコンドミニアム
イリカイ・アパート・ビルディング # 207
価格: US$ 525,000.00 日本円:JP¥ 77,963,183
JALのマイル:26,250マイル
このユニットはイリカイホテル&ラグジュアリースイーツの2階のプールデッキへ簡単にアクセスできます。ワイキキの素晴らしいロケーション、美しいビーチにも近接。アラモアナSC、ワールドクラスのダイニング、ナイトライフが楽しめます。この建物はリゾート複合地区内にあるため、オーナーはホテル経営か短期バケーションレンタルかを選択することが可能です。
https://search.kainahale.com/Home/Special?mlsnumbers=202209143

 

★おすすめバケーションレンタル
アルーアワイキキ#1610
アラモアナビーチ、アラモアナショッピングセンター、ワイキキなどが徒歩圏内にあり、大変便利なロケーションです。ワイキキの人気高級コンドミニアムです。
お部屋タイプ:2BR/2BA フルサイズ2台、ツインサイズ1台。
レギュラーシーズン:月額$4,650〜 最低宿泊日数:30泊~
https://www.kainahale.com/property/allure-waikiki-1610/

 

★おすすめ長期賃貸
ハワイアンモナーク#909
テレビ・WIFI無料です。ベッドも購入いたしました!便利で快適な人気のハワイアンモナークにあるスタジオです。隣はアラワイ運河とセブンイレブン。お散歩場所も買い物もすぐ近くです。コンドミニアム内にもレストランとショップがあり、便利で快適です。しかも静かです。
最低契約日数:6ヶ月 お家賃:US$1,300/月 +税金+電気代
その他:上下水道・wifi・ケーブル込み
https://www.kainahale.com/property/hawaiian-monarch-909/

 

———————————————

カイナハレ・ハワイはワイキキの中心、便利なDFSワイキキ ギャラリアタワー10階にございます。旅行の合間にお立ち寄りいただき、ハワイ不動産をご案内させていただくことができます。ハワイにお越しの方で、ハワイ不動産の内見にご興味のおありの方は、お気軽にご連絡ください。本情報について、あるいはいかなることでもご質問があればお問い合わせ下さい。今後、このメールの受信を希望しない方はお手数をおかけいたしますが以下をクリックし、お問い合わせフォームよりメールの配信停止を選択の上、送信をお願いいたします。

無料購読申し込み・退会フォーム

———————————————

 

Hideo Mita (R) 三田 英郎
President & Principal Broker
Kaina Hale Hawaii Realty, Inc.
2222 Kalakaua Avenue, Suite 1001, Honolulu, Hawaii 96815
Tel:(808) 397-5280 Fax:(808) 664-8700 Cell:(808) 286-2834
Email: hmita@kainahale.com
Website: https://www.kainahale.com
Blog: https://ameblo.jp/kainahale
Facebook: www.facebook.com/kainahale