カイナハレ・ハワイわくわく不動産便りVol.209

カイナハレ・ハワイわくわく不動産便りVol.209

皆様、平素より大変お世話になっております。
カイナハレ・ハワイ不動産の三田です。

 

(日本の話)

日本へ入国する際にPCR検査で陰性である証明が必要だったものが、9月7日以降は不要になりました。私はちょうどその恩恵を受けて9月11日から日本に来ています。今は東京におりますが、一時の猛暑の時期がようやく終わり、比較的過ごしやすい気温になっています。ただハワイに比べるとやや湿度が高く、日中に歩きますと少し汗ばむ感じです。ハワイにいるときに比べると、歩くこと、電車の駅などでの階段の上り下りなど自然にたくさん運動する ことができるので、健康にはとても良いです。何よりも一番感じるのは日本の物価が安いことです。頭の中でドル換算すると今の円安の影響もあり、びっくりするほどの安価で、手当たり次第に何でも買いたくなります。きっと外国人の個人旅行者が入国できるようになると、爆買いする外国人が出てくるでしょう。

 

(ハワイの話)

ハワイの話に移ります。遅れに遅れているオアフ島の高架鉄道プロジェクトですが、西側のスタート地点である東カポレイからアロハスタジアムまでの区間の正式な試運転が始まりました。情報によりますと、安全性を確保するため、来年の1月中旬まで試運転を続けるとのことです。オアフ島の住民は成り行きを見守っています。このプロジェクトは、当初は東カポレイからアラモアナセンターまでの20.2マイル、21駅の鉄道を2022年(今年です)までに建設する計画でした。しかし、今では完成予定も2032年(今から10年後です)となり、更に東側の終着駅がアラモアナセンターでなく、その2駅手前まで、つまり18.75マイル19駅という新計画のもとに進んでいます。計画が遅れれば予算も膨らむことで、色々な税収アップが行われています。来年の1月に東カポレイからアロハスタジアムの間が開通することを見守って行きます。

 

ハワイの景気回復に遅れが出るという観測がなされています。高いインフレ率とインフレ抑制を目的とした連邦政府の金利上昇策により、今年から来年にかけてハワイの経済成長は鈍化し、2年前の新型コロナのパンデミックで引き起こされた景気後退からの回復が長期化する可能性があると言われています。ハワイ州のビジネス経済開発・観光局は、8月31日に発表した報告書でハワイの経済成長率を今年は3.2%、来年は2.5%としていた5月の予測を下方修正し。それぞれ2.6%、1.7%になるとの予測を発表しました。経済成長の鈍化が予想される主な理由は、連邦政府の金利や生産工ストの上昇がハワイの建設及び不動産業に悪影響を及ぼすことだとしています。建設業の減速の大部分は、材料費と人件費の高騰に直面しながら、新規プロジェクトの資金調達と価格の維持が難しくなっている住宅関連産業に起因するとしています。またハワイの高いインフレは主に電気、ガソリン、食料などの生活に関わる価格に集中しています。

 

赤信号無視の取り締まりのため、ホノルルの交差点10ヶ所で赤信号違反チケット発行プログラムを開始しようとしていましたが、5月に何者かが電柱に登り、調査用に設置していた機器を破壊したことで、取り締まりの開始が約2ヵ月遅れることになるとのことです。10ヶ所がどこになるかについて発表するという時期が遅れており、まだ発表されていませんが、早ければ11月中にも発表され、即実施される見込みとのことです。

 

アラモアナセンターに有料駐車場ができるというニュースがあります。買い物以外の目的で駐車したい人たち向けに新たにその人たち向けの有料駐車場を設置したとのことです。アラモアナセンターのパーキングは全部で1万1千台を収容でき、一般買い物客は従来通りに無料で駐車できます。有料駐車場の利用は、アラモアナパークや近隣のホテル、施設、企業など、周辺の施設に出かける人たちを対象にしているとのことです。ちなみに駐車料金は1時間2ドル88セントから24時間33ドル09セントまでとされています。

 

ワイキキで犯罪防止プログラムが9月6日に開始されました。これは急増する暴力犯罪に対応するためのもので、「セーフ&サウンド(安全で健全な)・ワイキキ」と呼ばれる新しい犯罪防止プログラムです。ワイキキでは暴力犯罪が急増する中、住民が公的機関の対応を求めていました。このプログラムの対象地域は海岸のアラワイ・スモールボート・ハーバーからアラワイ通りを経てダイアモンドヘッド通りまで続きます。この対象エリアにはダイアモンド・ヘッド・ステート・モニュメント、ホノルル動物園、カピオラ二公園も含まれています。旅行者の皆さんが歩いて回るワイキキ地区をほぼ全部カバーするエリアが対象となっていますので、安全なそぞろ歩きができるようになりますね。

 

(ハワイの不動産の話)

アメリカの金利上昇がハワイの不動産売買にも影響を及ぼし始めました。住宅ローン金利が大幅にアップしてきたため、アメリカ人の住宅購入件数が急減してきました。ハワイでの今年8月の不動産市況では、大きく言って全般に売却成立件数が大幅に減少しました。価格の方はそれに同期するほどではありませんが徐々に下方に向かっています。オアフ島での一戸建て売買は、件数としては314件、これは前年同月比で26.1%減でした。中間価格は112万5,500ドルで前年同月比では7.2%アップでした。コンドミニアムの方は取引件数が508件で前年同月比24.7%減とこれまた大幅減となり、中間価格は49万8,000ドルでこちらは前年同月比でも0.3%ダウンとマイナスを記録しました。マーケットに出てから成約までの日数は一戸建てとコンドミニアムのどちらも13日と前年同月比でそれぞれ4日と1日長くなっています。それでも13日は極めて短い、売りに出せばす具に売れる状況ではあります。ワイキキのコンドミニアムは売却件数103件で前年比31.3%減、中間価格34万ドルと前年比24.8%減でしたが成約までの日数では14日と前年比12日も短くなっています。円安の今日本の方でご売却を検討されておられる方は、お早いご売却をされるとよろしいかと思います。

 

———————————————

第19回 カイナハレ ハワイ不動産 最新ニュース & 質問会
円安+アメリカ金利高だからこそ!『日本で組める海外不動産担保ローン』第2弾!
当日の動画を公開いたしました。

動画はこちらからご覧ください。
https://www.kainahale.com/questions/

———————————————

カイナハレハワイ 厳選物件リスト

★おススメ戸建て
326 ラニポドライブ
価格: US$ 5,300,000.00 日本円:JP¥ 757,854,420
JALのマイル:265,000マイル
カイルアの町まで数分以内にあるラニカイの邸宅。日の出、月の出、素晴らしい海の景色、そして建築家ジョン・サットンによるこの特注の家からの象徴的なモクルア島をお楽しみください。
https://search.kainahale.com/Home/Special?mlsnumbers=202218938

 

★おススメコンドミニアム
イリカイ・アパート・ビルディング #207
価格: US$ 525,000.00 日本円:JP¥ 75,070,485
JALのマイル:26,250マイル
このユニットはイリカイホテル&ラグジュアリースイーツの2階のプールデッキへ簡単にアクセスできます。ワイキキの素晴らしいロケーション、美しいビーチにも近接。アラモアナSC、ワールドクラスのダイニング、ナイトライフが楽しめます。この建物はリゾート複合地区内にあるため、オーナーはホテル経営か短期バケーションレンタルかを選択することが可能です。
https://search.kainahale.com/Home/Special?mlsnumbers=202209143

 

★おすすめバケーションレンタル
アルーアワイキキ #2805
ワイキキの人気高級コンドミニアムです。築浅でとても綺麗な内装です。高層階のお部屋からはマウンテンビューと夜景がご覧いただけます。 アメリカで人気のあるバイキング社製の器具を備えたキッチン、生活しやすいようにウォークインクローゼットや広いラナイ(ベランダ)、洗濯機・乾燥機、ウォシュレットも完備されています。WiFi、パーキングも無料です。日本語放送見放題! アメニティも充実しており、温水プール、ジェットバス、フィットネスセンター、トロピカルガーデン、BBQグリル完備、セキュリティも24時間万全です。
お部屋タイプ:2BR/2BA お家賃:$6,600〜/30泊
https://www.kainahale.com/property/allure-waikiki-2805/

 

★おすすめ長期賃貸
エバ・ビーチ 91-1006フアウラウラ・ループ
モノレールの終点からほど近いこの新築戸建てはコーナーロットでとてもプライベートです。モダンで美しいお部屋にはエアコン、洗濯機・乾燥機が完備されております!カーテンも部屋ごとに違っております!広大なパノラマやマウンテンビューをお楽しみ頂けます!ホテルも完備されたショッピングモールには車で数分です!ガレージ付きのひろびろとしたお部屋でおすすめの2階建てです!家具なしなので、お好きな家具を持ち込めます!
お部屋タイプ:3BR/2.5BA お家賃:US$3,500+公共料金/月 最低契約日数:1年
https://www.kainahale.com/property/ewa-beach-91-1006/

 

———————————————

カイナハレ・ハワイはワイキキの中心、便利なDFSワイキキ ギャラリアタワー10階にございます。旅行の合間にお立ち寄りいただき、ハワイ不動産をご案内させていただくことができます。ハワイにお越しの方で、ハワイ不動産の内見にご興味のおありの方は、お気軽にご連絡ください。本情報について、あるいはいかなることでもご質問があればお問い合わせ下さい。今後、このメールの受信を希望しない方はお手数をおかけいたしますが以下をクリックし、お問い合わせフォームよりメールの配信停止を選択の上、送信をお願いいたします。
https://www.kainahale.com/subscribe/

———————————————

Hideo Mita (R) 三田 英郎
President & Principal Broker
Kaina Hale Hawaii Realty, Inc.
2222 Kalakaua Avenue, Suite 1001, Honolulu, Hawaii 96815
Tel:(808) 397-5280 Fax:(808) 664-8700 Cell:(808) 286-2834
Email: hmita@kainahale.com
Website: https://www.kainahale.com
Blog: https://ameblo.jp/kainahale
Facebook: www.facebook.com/kainahale