カイナハレ・ハワイわくわく不動産便りVol.191

カイナハレ・ハワイわくわく不動産便りVol.191

カイナハレ・ハワイわくわく不動産便りVol.191
1)ハワイの話
2)ハワイの不動産の話
3)ハーブ・オオタ・ジュニア氏のミニライブも開催!第10回カイナハレハワイ 不動産最新ニュース&質問会のフル動画を公開。
4)カイナハレハワイ 厳選物件リスト

皆様、平素より大変お世話になっております。
カイナハレ・ハワイ不動産の三田です。

(ハワイの話)

12月の前半が終わりました。今年もあとわずかです。コロナも終息に近いと思っていましたが、新たなオミクロン株の出現で、遂に今年は日本人観光客不在のハワイとなってしまうのでしょうか。12月12日に開催されたホノルルマラソンには毎年日本から1万5千人ほどの参加者がありましたが、今年エントリーした日本からの参加者は約500人ほどでした。それでも昨年は中止されたホノルルマラソンが戻ってきたことをとても嬉しく思います。しかも直前にオミクロン株での水際対策が発表されたため、渡航を断念された方もかなりおられただろうと想像しています。参加者の多くは米国本土から来ていましたが、米国人にとってはハワイ州は米国のどの州よりも安全だという認識で来ているとのことでした。

その米国本土からの来訪者が夏休み時には毎日3万人を記録していましたが、発表された10月のハワイ訪問者数を見ると55万人で、コロナ前の2019年比で30.8%減とのことです。特に国外からの訪問者が少なく、8月下旬にハワイ州のイゲ知事が10月まではハワイ旅行を控えるように呼び掛けたことも影響しました。この落ち込みの主要部分は国外からの来訪者で、特に日本からの10月の来訪者は2155人で2019年の同月比で98.4%の減少でした。

11月のサンクスギビングが終わり、12月に入ると街中は一気にクリスマスムードに変わります。ホノルル市長舎では例年通りライトアップされたクリスマスツリーが登場しました。早朝5時の真っ暗なときにスタートするホノルルマラソンのコースもこの市庁舎前を通過しますので、まだ走り始めの元気なうちのランナーの目を楽しませてくれます。またこの時期には、クリスマスツリー用の「もみの木」が続々とハワイに到着、主要産地はオレゴン州ですが、ワシントン州産もあるとのことです。今年の入荷はコンテナ156台分、総数約8万本分あまりです。今年は病害虫対策など出荷前の検査手続きが厳重になったとの情報もあります。

12月7日の夜、仕事を終えてオフィスを出ると、ワイキキのカラカウア通りの両側には人がいっぱいいて、中には場所をとって座っている人たちもいました。コロナ禍で長いことお目にかからなかったパレードがあったのです。何のパレードかというと、80周年記念パレードでした。そう、12月7日は真珠湾攻撃の日です。日本では開戦記念日は1941年12月8日ですが、時差のある当地では12月7日だったというわけです。この日、パールハーバーでは早朝から記念式典が行われました。当時軍人として戦闘に参加した生存者はもう100歳を超えている人が多いのですが、それでも式典に参加するため、家族なども含めて千人以上が集まりました。コロナの影響もあり、昨年の式典はバーチャルでした。ハワイに住んでいる私たちは、毎年この日になると緊張感を持ちます。

そのパールハーバー地区でのローカルニュースとしてこの時期に話題になったことでは、パールハーバー・ヒッカム統合基地周辺の軍用住宅の住民の間で水道水から石油成分が検出され、異臭や不快な味などの苦情が海軍に寄せられたことがあります。この汚染には軍の施設だけでなく、近隣の一般ビジネス地域や公立の学校も含まれています。この海軍水道システムとオアフ島全域に水道水を供給している市の水道システムは完全に別個で関連性はないとのこと。原因として推測されているのは、レッドヒル地区にある海軍の地下燃料貯蔵施設から漏れた燃料が地下水を汚染したのではないかということのようです。

(ハワイの不動産の話)

先日、日本時間の12月11日に当社のオンラインによる「第10回カイナハレ・ハワイ不動産最新ニュース&質問会」の中で2021年ハワイ5大ニュースを発表しました。その第一位が、「ハワイ不動産の大活況と不動産ブーム」でした。今回の質問会では、クリスマス・プレゼントとしてワイキキのコンドミニアム3泊無料宿泊券の抽選と、ハワイのプロフェッショナル・ウクレレ奏者ハーブ・オオタ・ジュニアさんによるライブのウクレレ演奏を提供させていただきました。こちらの模様は弊社ウェブサイトでご覧いただけますので、ぜひご覧ください。

その不動産市況ですが、昨年の3月末にコロナでロックダウンとなり、観光客不在となったときには、コロナが落ち着くまで誰も来なければ、不動産市場もしばらくは販売数が落ち込み、販売価格も下がっていくだろうと考えていました。確かに来訪者数が落ち込み、ホテル、飲食店、旅行業、ブライダルサービス、小売業など軒並み経営危機に見舞われました。当社で行っているバケーション・レンタルでの予約キャンセルが山のように出たのもこのときでした。

しかし、昨年秋ごろからヨーロッパ等へ行くことができない米国本土の人たちが国内のリゾート地であるハワイを訪れるようになり、今年の夏や休み時期には毎日3万人前後のアメリカ人がハワイを訪れるようになりました。ハワイの不動産市場での取引はもともとハワイ州内の人による取引が過半数をしめてはいたのですが、今年にはこのハワイ州の人に加えて本土から来ているアメリカ人の人たちの購入が増えたことで大変な活況となりました。

顕著な数字として、オアフ島内の一戸建て住宅の中間価格が今年の8月以降1ミリオン・ドルを超えたことがあります。日本円で1億1千万円以上になりました。そして、市場に出てから成約に至るまでの平均日数が10日を下回るようになったことがあります。一戸建てもコンドミニアムも適正価格で売りに出た物件には直後にオファーがいくつも入り、売出価格より高値での契約成立というケースが続出しました。

このマーケット状況について専門家が考えられる理由としてあげているのは第一に米国の住宅ローン金利の低さです。そして第二が、コロナ禍でのテレワークの普及により居住環境の良いハワイへ移住する米国本土の人が増えたことです。そして第3には、ハワイの人たちも自宅で仕事などで過ごす時間が増えて、より広い家への住みかえをする人が増えたことです。

というわけで、もしハワイにご所有の不動産のご売却を検討されておられる方がお出ででしたら、今が絶好のご売却のチャンスです。ドル円為替相場からみても良いタイミングではないかと思います。このマーケットが今後どのように動いていくかはわかりませんが、過去を見ても一時的に値下がりすることがあっても、中長期的に見ればほぼ価格が上昇しているハワイの不動産マーケットですから、ハワイの不動産をご所有されておくことは価値が下がる可能性が少ないドル資産をご所有になることになろうかと考えますので、適宜ご購入につきましても是非ご検討いただければと思います。

———————————————

『ハーブ・オータ・ジュニア スペシャル・ミニ・ライブ & カイナハレが選ぶ 2021年ハワイ5大ニュース|第10回 カイナハレ ハワイ不動産 最新ニュース & 質問会 (完全版)』を公開いたしました。

日本時間12月11日午前11時(ハワイ時間12月10日午後4時)より第10回 カイナハレ ハワイ不動産 最新ニュース & 質問会をZoom ウェビナー で開催いたしました。今回は年末ということで、特集として『カイナハレが選ぶ 2021年ハワイ5大ニュース』をお届けし、また第10回記念およびクリスマス・シーズンのプレゼントということで『ワイキキの人気コンドミニアムの1LDKのお部屋 3泊宿泊券 の当たる抽選会』そしてハワイのウクレレ・スター、ハーブ・オータ・ジュニアさんの『スペシャル・ミニ・ライブ』の2大企画をお届けし、視聴者の皆様に大変喜んでいただきました。今後もより多くの皆さまにご参加いただけますように、引き続き楽しく有意義なイベントになりますよう頑張ります。

詳細はこちらをご覧ください。
https://www.kainahale.com/questions/

———————————————

カイナハレハワイ 厳選物件リスト

★おススメ戸建て
705 カヒアウ ループ
価格: US$ 2,650,000.00 日本円:JP¥ 301,869,715
JALのマイル:60,000マイル
ホノルルでも有名な安全なゲートコミュニティ、ハワイロアリッジに建つ、オーシャンビューの広々とした4ベッドルームの邸宅
https://search.kainahale.com/Home/Special?mlsnumbers=202129964

★おススメコンドミニアム
マリンサーフ ワイキキ # 804
価格: US$ 465,000.00 日本円:JP¥ 52,969,592
JALのマイル:10,000マイル
ワイキキの全てが徒歩圏内にあり、タウンの生活を楽しむのに最適なコンドミニアム。
https://search.kainahale.com/Home/Special?mlsnumbers=202130129

★おすすめバケーションレンタル
アルーアワイキキ #2805 ★ニュープライス★
2 Bedroom (2BR/2BA) お家賃:$6,600→$5.500〜 最低宿泊日数:30泊〜
生活しやすいようにウォークインクローゼットや広いラナイ(ベランダ)、洗濯機・乾燥機、ウォシュレットも完備されています。高層階のお部屋からはマウンテンビューと夜景がご覧いただけます。
https://www.kainahale.com/property/allure-waikiki-2805/

★おすすめ長期賃貸
モアナ・パシフィック#708
3 Bedroom unit! カカアコでも貴重な3ベッドルームです。人気のモアナ・パシフィックの7階ひろびろ1206SQFT!アラモアナSCやニジヤマーケットのすぐそばの好立地!上下水道、エアコン、TV・インターネット込み(TVは2台目から8.99ドル掛かります)、電気代別。
2 Bedroom (2BR/2BA) 最低契約:1年 お家賃:US$4,000 + 税金/月
https://www.kainahale.com/property/moana-pacific-708/

———————————————

カイナハレ・ハワイはワイキキの中心、便利なDFSワイキキ ギャラリアタワー10階にございます。旅行の合間にお立ち寄りいただき、ハワイ不動産をご案内させていただくことができます。ハワイにお越しの方で、ハワイ不動産の内見にご興味のおありの方は、お気軽にご連絡ください。本情報について、あるいはいかなることでもご質問があればお問い合わせ下さい。今後、このメールの受信を希望しない方はお手数をおかけいたしますが以下をクリックし、お問い合わせフォームよりメールの配信停止を選択の上、送信をお願いいたします。
https://www.kainahale.com/subscribe/

———————————————

Hideo Mita (R) 三田 英郎
President & Principal Broker
Kaina Hale Hawaii Realty, Inc.
2222 Kalakaua Avenue, Suite 1001, Honolulu, Hawaii 96815
Tel:(808) 397-5280 Fax:(808) 664-8700 Cell:(808) 286-2834
Email: hmita@kainahale.com
Website: https://www.kainahale.com
Blog: https://ameblo.jp/kainahale
Facebook: www.facebook.com/kainahale