カイナハレ・ハワイわくわく不動産便りVol.188

カイナハレ・ハワイわくわく不動産便りVol.188

皆様、平素より大変お世話になっております。カイナハレ・ハワイ不動産の三田です。

 

(ハワイの話)
今年もハロウイーンの季節になりました。例年ですと10月31日の夜にはカラカウアアベニューを国籍の入り混じった人たちによる仮装競争のような状態になっていましたが、コロナ禍の中ではどのようになるでしょうか。ハワイを訪れる観光客数は一日21,000人程度と夏休み頃から1万人くらい減っています。日本からの旅行者はまだ1日140人程度と増えていません。ハワイ州内のホテル稼働率は7月には82.4%に回復していましたが、8月には73.5%に下がり、9月には55.2%に低下しました。1年前の2020年9月はわずか19.6%でしたが、好調だった2019年の9月の78.8%と比較するとまだ23.6ポイント低い状況です。そのような状況の中で、イゲ知事は11月1日から観光再開へ向けて、新型コロナウイルスの予防接種を完了したアメリカ本土の旅行者を本格的に受け入れる計画をあきらかにしました。日本からの旅行者も以前のように毎日5千人レベルまで早く戻ってきてほしいと願っています。

 

ホノルル市のリック・ブランジアーディ市長は、10月27日に、市の新型コロナウイルス感染症の規制を緩和し、11月3日から、屋内外のイベントやアクティビティで、予防ワクチン接種者を対象に、収容人数枠を拡張する計画を明らかにしました。オアフ島ではすでに接種資格のある住人の86%がワクチン接種を完了、更に少なくとも1回投与を受けた人も95%に達しているほか、入院者の数も減少しています。規制が緩和される内容は、年末まで、屋内外のスポーツ、娯楽イベントで最大収容人数までの観客を許可するというもの。但し、観客は予防ワクチン接種完了者に限られるほか、場内ではマスクを着用しなければならない。売店では飲料水のみの販売が許可されるとのことです。ホノルルマラソンも1万人以上の参加者が許可されることになるのではと期待されています。

 

大幅に遅れている高架鉄道プロジェクトに関する話題ですが、深刻な資金不足に直面しており、市にホテル税を設定する案で、市議会の審議を待っているとのことです。総工費124億9900万ドルと見積もられていますが、現時点で約35億ドルが不足しており、補充する案もなく財政援助を得られる見通しもないため、最高3%のホテル税の設定する条例案を審議中でした。この条例案がホノルル市議会の予算委員会にかけられ、賛成4票、反対1票で可決されました。この鉄道プロジェクトは完成予定が当初計画より10年遅れており、2031年3月と予測されています。鉄道関連の話題がもう一つあります。LCC(リーワード・コミュニティ・カレッジ:ハワイ大学システム内の短期大学)で、鉄道建設会社の日立レール・ホノルルや他の自動化技術産業での仕事を目指す学生を育成するために3年前から準学士号プログラムを実施しており、これまで10人の卒業生が日立に就職しているとのことです。

 

10月17日のお昼頃にワイキキで火災の黒煙が上がりました。火災の場所は、カラカウア通りのワイキキ交番のすぐ後ろのビーチフロントにあるサーフボードロッカーからの出火で保管されていた500本以上のサーフボードに被害が出ました。この火災の放火容疑で起訴された男が21日朝にホノルル地方裁判所に’出廷したとのことで、有罪となった場合には最高20年の禁固刑が科される可能性があるとのことです。

 

ダイアモンドヘッド山頂にある建造物が一部解体され、撤去されることになりました。そこには「立ち入り禁止」の警告サインがるにも拘わらず、より良い景観を求めて足を踏み入れるハイカーが後を絶たず、安全を考えた上での決定となったそうです。11月の前半には閉鎖される見通しとなっています。

 

(ハワイの不動産の話)
鉄道プロジェクトの始発駅があるカポレイ地区は都市としての開発が進みホテルビジネスが盛況であることから、既存のホテルの近くに4軒目のホテル建設が計画されています。ユタ州を本拠地とする開発業者は、204室の「エレメント・バイ・ウエスティン」の建設許可を市に申請しました。カポレイに位置するホテルは、コ・オリナやワイキキのリゾートホテルより比較的低料金で宿泊を提供できるのが強みで、地元の住民や商用、スポーツチームなどから人気を集めています。ワイキキのホテルに比べて同地域のホテルの稼働率は80-90%を占めており、かなりの活況を呈しているとのことです。「エレメント・バイ・ウェスティン」で計画されているアメニティには、朝食ビュッフェのあるダイニングエリア、ラウンジ、バー、フードパントリー、会議室、プール、スパ、フィットネスセンターがあります。5階建になる同ホテルの客室は、全室フルキッチン完備で、スタジオタイプの他、コモンルームに連結する4室の部屋からなる「スタジオ・コモンズ」があります。雇用人数は約130人となる予定とのことです。

 

こちらは、不足している高齢者向け賃貸住宅建設のニュースです。2022年7月に着工を予定している高齢者用アフォーダブル住宅は、一期工事が250戸となり2024年1月に完成の予定ですが、建設場所はノース・スクール通り1002にある6エーカーです。ハワイ住宅開発公社では、当初賃貸用住宅をこの地に2千戸を予定していましたが、それに伴う交通渋滞や景観を損なうことなどを理由に地域住民からの懸念の声が上がったっため1千戸に変更、そのうちの250戸用が第一期が始まることとなりました。第一タワーは、15階建てで、ガーデン用地、ファイヤーピット、バーベキューグリル、野外シネマなどが用意される6階建てのウイングに連結されることとなり、アメニティには、コミュニティ・ルーム、インターネット・カフェ、美術室、運動用ルーム、図書室などが予定されています。入居者の条件は、62歳以上で、ホノルル市の年間中間所得の60%以下の収入層の世帯で、125戸は中間所得の50%、26戸は中間所得の30%レベルの所得層向けとなります。

 

———————————————

第9回カイナハレハワイ 不動産最新ニュース&質問会のお知らせ
★★★ 注目を集めるカカアコとワードビレッジ特集 ★★★

 

ダウンタウンとワイキキの間に位置するカカアコエリアに、数多くのレストランやショッピングやエンターテイメント、そして高級コンドミニアムが立ち並ぶ、文化と自然が融合する新しい街『ワードビレッジ』が誕生しました。今回は注目を集める華々しい一大再開発プロジェクト『ワードビレッジ』の担当者をゲストにお招きし、最新情報と今後の展望についてお話をいただきます。

 

(ハワイ時間) 2021年11月9日(火) 午後4時~5時
(日本時間)  2021年11月10日(水) 午前11時~12時

 

●オンラインセミナーには、ZOOMを使用します。
●ビデオ・マイクはOFFで、顔をお出しにならずにご参加いただけますので、お気軽にお申し込みください。
●お送りした招待リンクは、第三者へ共有することはご遠慮ください。
●詳細は、お申し込み後に発送する自動返信メールをご覧ください。

お申し込みと詳細はこちらをご覧ください。
https://www.kainahale.com/questions/

———————————————

(テレビ放送予定)
このたび日本のテレビの番組で、当社でバケーションレンタルに出している物件が紹介されます。その番組内で私もちょっとだけご挨拶で登場する予定になっています。以下がその番組です。是非ご覧ください。

放送局: J:COM / Jテレ
『ハワイ発!Made in Hawaii TV〜ハワイから愛を込めて〜#18』
11月5日(金) 23:00〜23:30 放送時間 30分

(再放送)
11月7日(日) 01:00~01:30
11月19日(金) 23:00~23:30
11月21日(日) 01:00~01:30
11月21日(日) 20:00~20:30

———————————————

カイナハレハワイ 厳選物件リスト

★おススメ戸建て
91-1594 ワハネストリート
価格: US$ 840,000.00 日本円:JP¥ 95,601,576
JALのマイル:40,000マイル
ユニークなデザインと長いドライブウェイを持つ、広々とした庭付きの広い3BR/3BAの一戸建て。
https://search.kainahale.com/Home/Special?mlsnumbers=202123856

 

★おススメコンドミニアム
アラモアナホテルコンド #1220
価格: US$ 200,000.00 日本円:JP¥ 22,762,280
JALのマイル:5,000マイル
ダイヤモンドヘッド側に位置し、新しく改装されたプールを見渡せる人気のホテルコンド。
https://search.kainahale.com/Home/Special?mlsnumbers=202126812

 

★おすすめバケーションレンタル
ワイキキ・バニヤン #2910 T2
ベッド、ナイトスタンド、チェスト、ダイニングセット、TVスタンド、カウンタースツール、バスタブ、洗面台、トイレ、フローリングなどを新しいものに交換致しました。
1BR/1BA フルサイズベッドが2台、ソファベッド1台(フルサイズ)。 お家賃:$164~/泊〜 最低宿泊日数:3泊~
https://www.kainahale.com/property/waikiki-banyan-2910-t2/

 

★おすすめ長期賃貸
ハワイアンモナーク#2310
アラワイ運河からダイヤモンドヘッド、ワイキキの青い海へと広がる素敵なビューが、憧れのハワイ暮らしを彩ります。リノベーションしたての家具つきStudioのお部屋で、快適にご利用いただけます
STUDIO 最低契約:1年 お家賃:光熱費込み(電気、水道)US$1,350+TAX/月
https://www.kainahale.com/property/hawaiian-monarch-2310/

———————————————

カイナハレ・ハワイはワイキキの中心、便利なDFSワイキキ ギャラリアタワー10階にございます。旅行の合間にお立ち寄りいただき、ハワイ不動産をご案内させていただくことができます。ハワイにお越しの方で、ハワイ不動産の内見にご興味のおありの方は、お気軽にご連絡ください。本情報について、あるいはいかなることでもご質問があればお問い合わせ下さい。今後、このメールの受信を希望しない方はお手数をおかけいたしますが以下をクリックし、お問い合わせフォームよりメールの配信停止を選択の上、送信をお願いいたします。

———————————————

Hideo Mita (R) 三田 英郎
President & Principal Broker
Kaina Hale Hawaii Realty, Inc.
2222 Kalakaua Avenue, Suite 1001, Honolulu, Hawaii 96815
Tel:(808) 397-5280 Fax:(808) 664-8700 Cell:(808) 286-2834
Email: hmita@kainahale.com
Website: https://www.kainahale.com
Blog: https://ameblo.jp/kainahale
Facebook: www.facebook.com/kainahale